ハーブのサプリメント

ハーブのサプリメント肩こり顎関節症セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ビタミン・サプリメント)前ページへ (サプリメント・ビタミン)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ ハーブサプリメント


====================================================================================================================================================================================================================

ハーブ(は行)

ハーブ(は行)


パイゲウム(アフリカプルーン)(Pygeum africanum)
 男性の前立腺や泌尿器の機能を守る働きがあります。子どもや妊娠中・授乳中の女性は使わないでください。


パセリ(Petroselinium crispum)
 葉や根、実は消化を良くし、胃の働きを整え、利尿を促し、痰を取って咳やぜんそくを早く治します。皮膚の老化を遅らせ、リウマチの症状を和らげます。とりわけ葉にはビタミン、カリウム、マグネシウム、葉緑素が豊富に含まれています。

パッションフラワー(Passiflora incarnata)
 地上部は、神経の緊張を和らげる天然の安全な鎮静剤として用いられます。緊張から起こる頭痛や不眠症に効果的です。神経性のぜんそく発作、てんかん、筋肉のけいれん、過敏性腸症候群を緩和します。眠気を誘う場合があるので、運転前などには使わないでください。妊娠中の人も使わないでください。

バードック(ゴボウ)(Arctium lappa)
 ゴボウを食べるのは日本人くらいだといいます。根は、血液を浄化して毒素を尿や汗の形で排出させる働きがあり、関節炎、リウマチ、皮膚炎などに使われます。風邪やインフルエンザを予防し、尿路感染症や尿路結石を治します。外用すると湿疹や口内炎に効き、痔の不快な症状を和らげます。種子は皮膚病の治療、利尿、風邪に、葉は消化不良や胃腸虚弱に用いられます。

パパイヤ(Carica papaya)
 熟していない果実の皮から出る汁にタンパク質消化酵素のパパインが含まれています。熟した果実は痔や便秘に効果があります。パパインについては、5.酵素の項目を参照してください。

ハマビシ(tribulus terrestris)
 人気急上昇のハーブで、黄体ホルモンを増加させます。黄体ホルモンは男性の場合はテストステロン(男性ホルモン)、女性にはエストロゲン(女性ホルモン)の生成を促します。このため、男性の性的能力を高め、女性の更年期症状を和らげます。テストステロンは筋肉をつくり脂肪を燃焼させるので、運動能力を高め、男性向けスポーツサプリメントとしても人気です。前立腺に病気のある人、家系に前立腺ガンにかかった人がいる場合は使わないでください。テストステロンとエストロゲンについては、7.ホルモンの項目を参照してください。

バレリアン(カノコソウ)(Valeriana officinalis)
 根は天然の精神安定剤で、不安神経症や不眠症ストレスが原因の筋肉痛、生理痛、PMS(月経前症候群)を緩和します。また、傷や潰瘍の治りを早めます。外用すると筋肉のけいれんに効果があります。飲むと眠くなるので、夜に使用してください。妊娠中と授乳中は使わないでください。特有のにおいがあります。



ヒカゲノカズラ (Lycopodium clavatum)
 抽出物であるヒューペルジンには学習能力と記憶力を向上させる働きがあります。アセチルコリン(記憶や学習に関係する神経伝達物質)を分解する酵素の働きを阻害するからです。痴呆症やアルツハイマーの進行を遅らせ、老化による記憶力の衰えをゆるやかにし、健康な若年層の学習能力を高めます。高血圧の人、心拍障害のある人、妊娠中の人は使わないでください。

ヒソップ(ヤナギハッカ)(Hyssopus officinalis)
 葉に殺菌作用と抗ウィルス作用があり、風邪やインフルエンザにかかったときの咳、痰、鼻づまりを楽にし、また単純疱疹の治療に使われます。血圧を調整し、おなかにたまったガスを出します。外用するとけがの治りを早めます。肉料理に使うと消化を助けます。

ビルベリー(Vaccinium myrtillus)
 別名ヨーロッパ・ブルーベリー。果実は、目の色素レチノールパープルを増やすといわれています。またバイオフラボノイドの一種である抗酸化物アントシアノサイドを多量に含んでいるため、視力の低下を防ぎ、緑内障などの目の病気を予防します。また血液循環を良くして、足の痛みやしびれ、うっ血に効果を上げます。最近では抗ガン作用が注目されています。また血糖値を下げ組織の再生を促します。

ヒレハリソウ(コンフリー)(Symphytum officinale)
 葉と花穂はアラントインという成分を含み、痛んだ筋肉や折れた骨の細胞の再生を早めます。葉のお茶は消化器の潰瘍、咳、下痢、関節炎の痛みに効果があります。根はミネラルが豊富で滋養作用をもっています。内服するときは大量に使わないでください。



フィーバーヒュー(ナツシロギク)(Tanacetum parthenium)
 地上部は穏やかな鎮静作用をもち、偏頭痛を和らげ、関節炎の腫れを抑えます。効果が現れるまでにかなり時間がかかることがありますが、続ければ80%の人に症状の改善が見られています。内服して口内炎ができた場合は使うのをやめてください。最近では含有成分のパルテノライドが発毛効果があるとの研究論文が出されたことで再度注目を集めています。アスピリンが抽出されたハーブですが、アスピリンの持つ副作用が大変少ないと言われています。


フェヌグリーク(Trigonella foenum-graecum)
 種子には血糖値を下げる働きがあり、糖尿病に用いられます。東洋医学では腎臓と生殖器に効くとされ、男性のインポテンツ、女性の月経痛や更年期障害に効果を上げます。外用すると皮膚炎の炎症を抑え、また神経痛などの痛みを和らげます。地上部は中東などで月経や下痢に伴う強い腹痛の治療に使われています。

フェンネル(ウイキョウ)(Foeniculum vulgare)
 種子は食欲を増進し、消化不良や便秘に効きます。東洋医学では煎じて、腹痛や腹部の冷えを治すのに使われます。オイルと蜂蜜を湯で溶かすと、咳止め薬になります。オイルは痰を取る薬としても働きます。フェンネルの精油は、外用すると関節炎やリウマチの炎症を和らげます。根は主に泌尿器の症状に用いられます。妊娠中は大量に使わないでください。

ブッチャーズブルーム(ナギイカダ)(Ruscus aculeatus)
 地上部は血行を促して手足のむくみや静脈瘤、痔、しもやけを治します。抗炎症作用が働いて、関節炎やリウマチによる腫れを取ります。内服・外用のどちらにも使えます。

ブラダーラック(ヒバマタ)(Fucusvesiculosus)
 緑褐色の海藻で、古くから治療に使われています。免疫系を調整し代謝を促進するので、病後の回復に使われます。代謝レベルが低いために太るタイプの肥満を解消します。リウマチの症状を和らげるほか、ヨウ素を豊富に含むため、甲状腺の機能低下に効果的です。

ブラックカレント(Ribes nigrum)
 葉に収れん・冷却・血圧降下の働きがあり、下痢、風邪、のどのトラブルに効きます。果実の浸出液はのどの感染症、高血圧に使います。果肉はガンマリノレン酸(GLA)を含み、美顔パックに利用されたりオイル(ブラックカレントオイル)を服用したりします。

ブラックチェリー(Prunus serotina)
 薬用には樹皮の部分が使われます。咳をしずめ、胃腸を刺激します。また実のジュースは、通風に効果があると言われています。

ブラックコッシュ(Cimicifuga racemosa)
 根(地下茎)には炎症やけいれんを抑える働きがあり、リウマチ、筋肉のけいれん、神経痛を癒します。咳を抑える作用もあるので、ぜんそくや気管支炎、百日咳の治療にも用いられます。アメリカ先住民はお産を軽くするために使っていました。妊娠初期には使わないでください。以降も、医師の指導を受けて使うようにしましょう。

ブルーコッシュ(Caulophyllum thalictroides)
 根に筋肉のけいれんを和らげる働きがあり、お産のときに子宮の収縮を刺激します。月経不順、記憶力の衰え、神経の不調などに使われます。

ブルーバーベイン(Verbena hastate)
 葉には強壮、発汗、抗けいれんなどの作用があり、リラックス効果も備えています。月経不順、気管支炎、肝炎などに使われます。

ブレスドシスル(Cnucus benedictus)
 地上部に月経の周期を規則的に整える働きがあり、女性向けのハーブ商品にしばしば配合されています。ほかに、肝機能強化、食欲増進、血行を良くする、記憶力を高める、炎症を抑える、母乳の分泌を増やすなどの作用もあります。



ヘナ(Lawsonia inermis)
 原産地はインド。古来、インドやエジプトで医療用と化粧用に使われてきました。葉を乾燥させ、粉砕して粉状にしたものが天然素材のヘアカラーとして使われ、シャンプーやトリートメントとしても人気があります。髪を傷めず、自然な茶褐色に染め上げます。

ペパーミント(Mentha piperita)
 ペパーミントの葉は消化管の筋肉をリラックスさせるので消化が良くなり、胸焼けや腹痛を癒し、おなかにたまったガスを出やすくします。また発汗と鎮静作用があり、風邪やインフルエンザの症状を和らげます。吐き気や嘔吐を止め、集中力を高めるのにも使います。ペパーミントオイルも内服すると同じ効果を持ちます。
 


ホースチェストナッツ(Aesculus hippocastanum)
 「セイヨウトチノキ」「マロニエ」の名前で知られています。種に収れん作用と抗炎症作用があるため、痔の治療に使われます。血管壁を強くする働きがあるので血栓症を防ぎ、静脈瘤を軽くします。アエシンという成分がこれらの効果を引き出していると考えられています。

ホーステール(スギナ)(Equisetum arvense)
 地上部には利尿作用と止血作用があるため、泌尿器や生殖器の病気に用いられます。ミネラルと塩分、シリカ(二酸化珪素)を含み、カルシウムの吸収を助けるので、皮膚、骨、爪、髪を丈夫にします。

ホーソン(セイヨウサンザシ)(Crataegus laevigata)
 葉と花、果実(ホーソンベリー)は強心薬として用いられます。心臓の血管を拡張し、心臓に供給される血液と酸素の量を増やし、血圧を下げるからです。実は下痢にも効果があります。気分も安定させます。

ホップ(Humulus lupulus)
 ビールの原料として有名です。花には鎮静と鎮痛の作用があります。消化不良と腹痛、不眠症に効果があり、食欲を増進させます。うつ病の人は使わないでください。

ホーニーゴートウィード(イカリ草)(Epimedium grandiforum)
 フラボノイドの一種であるケルセチンなどを含みます。主成分のアルカロイドのイカリンが滋養強壮と精力増強に効果をもたらします。長期の使用はお勧めできません。一度、1週間ほどの休みを取って続けてください。日本では薬品扱いです。

ホホバ(Simmondsia chinensis)
 種子から採れるオイルは皮膚にしっとりと水分を与え、肌を柔らかくし、目のまわりのしわを予防します。クレンジングにも利用され、シャンプー後のリンスに使うと髪に潤いが戻ります。石鹸などにも使われます。アロマオイルとしては、他のオイルをのばして塗るためのベースオイル(キャリーオイル)です。

ホワイトウィロー(白柳)(Salix alba)
 アスピリンの原料であるサリチル酸は、はじめはこのハーブから採取されていました。現在もよく使われるのは樹皮で、解熱と、リウマチや関節炎などの痛みを和らげるのに使われます。アスピリンと違って、胃にもやさしいのが特徴です。


肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!