マイナスイオン空気清浄機(発生器)

マイナスイオン 肩こり腰痛ストレス・電磁波対策 セルライト顎関節症 高血圧 磁気治療器 浄水器の水、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ



肩こり・腰痛・セルライト・ストレス 高濃度マイナスイオン療法とマイナスイオンによる空気の浄化



肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)前ページへ (オゾン・シックハウス対策)次ページへ


スペース:サプリメントを薦めます。電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。シックハウス対策は、ペットやお店に有効です。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。ビタミンミネラルアミノ酸ハーブも期待できます。ビタミンCはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザー修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ マイナスイオン空気清浄機

====================================================================================================================================================================================================================

マイナスイオン空気清浄機(発生器)メーカー・ウェインプロダクツ社提供報告
以下は、米国のウェインプロダクツ社が提供するマイナスイオン発生器についてのアップデートな報告です。

マイナスイオン空気清浄機(発生器)の効果 AMCOR科学レポートからの引用

A. マイナスイオン空気清浄機(発生器)は、ほこり、たばこの煙、すす、花粉、一般家庭の悪臭などの固体汚染物質を空気から取り除きます。

B. 自然界のきれいな空気中には1立方センチメートルあたり2,000〜3,000個のマイナスイオンが含まれていますが、室内では数百個以下に減少してしまいます。イオン発生器は空気中のマイナスイオンを豊富にします。このマイナスイオンが、ほこり、すす、たばこの煙、花粉などの汚染物質と結びつき、結合した分子は静電気により地面に引きつけられ空中から落下します。マイナスイオン発生器は、室内のイオン数をもとの状態に増やすことが出来るのです。

C. マイナスイオン発生器は、頭痛の多くのケースで役立ちますが、特に「天気に敏感な人」に役立ちます。

D. マイナスイオン空気清浄機(発生器)は空気中から、花粉、飛散塵繊維、鳥の綿毛、すす、煙などの固体汚染物質を取り除ききれいにします。したがって、多くの場合において、そのような固体汚染物質によって引き起こされるぜん息やアレルギーを患っている人に役立ちます。

E. マイナスイオン空気清浄機(発生器)は空中の花粉を除去するため、花粉症に苦しむ人に役立ちます。

F. マイナスイオン空気清浄機(発生器)は多くの場合、緊張からのリラックスや睡眠改善に役立ちます。

室内空気汚染は次のようなものです。

ほこり
30g足らずのほこりの中に42,000匹のダニが生息することが出来ます。150uの室内で一年間に発生するほこりの量は約18kgで、その中には15種類のダニがいます。空中に浮遊したその断片が、目の炎症、アレルギー、目・耳・鼻・喉の感染症、ぜん息の発作、疲労、うつを引き起こします。

バクテリア
バクテリアは空調機器の中、ペット、生ゴミ、浴室など家のあらゆるところに見つかります。風邪、インフルエンザ、呼吸器の感染症、目の感染症の原因となります。

カビ胞子
カビの胞子は空調機器の中、湿った衣類、掃除用具、天井・壁・カーペット・カーテンなどの湿気などに見つかります。アレルギー、蓄膿症による頭痛、イライラ、うつの原因になります。

「シンシナティ大学環境健康学科健康関連エアゾール研究センターによる研究結果」からのまとめ

研究者:
S.A.グリンシュパン、G.メインリス、T.リポネン、K.ウィッレク、M.A.トルノフ、A.アディカリー:アメリカオハイオ州シンシナティ大学環境健康学科健康関連エアゾール研究センター

効果:
 大気汚染科学の高名な研究者達が行った1年間にわたる研究で、ウェイン・プロダクツ社のマイナスイオン空気清浄機は、煙、ほこり、花粉、カビ、多くのアレルゲン、菌類、細菌や非常に危険な微粒子など、そのままでは肺に入り込んでしまうような微粒子の吸入を、大幅に防ぐことが出来るという結果が出ています。
 この研究は、空気汚染研究の権威により、アメリカ合衆国でも最高の研究諸機関で行われました。環境保護局、国立衛生研究所、労働安全衛生局、疾病管理センター、国立労働安全衛生研究所、住宅都市開発省、国立基準技術研究所、北大西洋条約機構などの機関によっても利用される研究機関です。
 3つのメーカー(シャーパー・イメージ社、三洋電機、ウェインプロダクツ社)の携帯型イオン空気清浄機と据置型イオン空気清浄機が評価の対象となり、実験の結果と結論は専門家により検討されました。ウェイン・プロダクツ社のイオン空気清浄機は、他社の製品よりもずっと優れていました。
 実際に、競合他社の室内用空気清浄機とウェイン・プロダクツ社のVI-2500機種を比較した実験では、他社製品の場合、最も危険な空中浮遊微粒子の50%が残留していて、吸入の可能性があったのに対しVI-2500はこれらの微粒子の95%以上を除去しました。言いかえれば、ウェイン・プロダクツ社のVI-2500機種は10倍効果的であるということです。
 さらに、他の研究機関で以前行われた消臭剤についての研究では、ウェイン・プロダクツ社の携帯用空気清浄器エアー・サプライは危険な汚染物質の吸入を85%以上防ぎ、呼吸空間域に入った多くの細菌の75%近くが2秒以内に殺菌されたという結果が出ています。
これらの研究は、これまでカリフォルニア大学ロサンゼルス校、グッドハウスキーピング・インスティテュート、フジ試験研究所、MIE社(環境のための器具モニターを行う企業)で行われた研究結果を裏付けるものです。

米国の最も権威のなる安全評機関UL(アンダーライターラボラトリーズ)による安全性評価:
オゾン濃度の安全性については、アメリカのアンダーライターズ・ラボラトリーズ(UL)、南カリフォルニア大学、アドバンスト・ポルーション・インストラメント、日本のフジ試験研究所によるテストにより、確かめられています。

THE JOURNAL OF ALTERNATIVE AND COMPLEMENTARY MEDICINE (『代替補完医療ジャーナル』
Vol. 1, No.1 1995
Mary Ann Liebert Inc.出版

「高出力マイナスイオン発生器(VI-2500)による季節性情動障害の治療」のまとめ
Michael Terman (マイケル・ターマン)博士、Jiuan Su Terman(ジュアン・スー・ターマン)博士共著
マイケル・ターマン博士 コロンビア大学 精神医学部(米国 ニューヨーク)

「高出力マイナスイオン発生器(VI-2500)による季節性情動障害の治療」論文要約

 この研究は、季節性情動障害(SAD)の治療法としての、空気中マイナスイオンの抗うつ効果を評価するために行われました。冬季鬱病の患者25人に対し、ワイヤーコロナ放射式電子マイナスイオン発生装置を使い、2つのイオン濃度(1万個/cm3と270万個/cm3)で、二重盲対照標準実験を行いました。被験者は自宅で早朝30分の治療を20日間受け、その後は治療停止期間としました。

 うつ症状(自律神経に関係した睡眠過剰、摂食亢進、疲れやすいといった非典型的症状を含む)の程度は、高濃度マイナスイオン(VI-2500)による治療を受けているグループの方に偏って、減少が見られました。標準うつ症状等級評価の結果は、臨床所見によっても確認されました。
 評価の基準を、症状の頻度や重さが50%以上減少した場合と設定すると、高濃度マイナスイオン治療を受けた被験者の58%が治療に反応したのに対し、低濃度マイナスイオン治療では被験者の15%でした(χ^2=5.00, df=1, p=0.025)。治療に起因する副作用は見られませんでした。治療に反応した被験者全員について、治療停止後に再発が見られました。

 高濃度マイナスイオン発生装置による治療は、季節性情動障害の患者に非常に有効な抗うつ作用があるようです。この治療法は、光線療法や医薬品による治療の代替療法あるいは補助療法として、有効であると言えるでしょう。


実験の解説

 はじめに

 マイナスイオンの吸収経路や中枢神経系の働きへの作用メカニズムについては、ほとんど解明されていません。マイナスイオンが生体へ作用するかどうかについても議論の余地があり、二重盲プラシーボ対照標準実験や系統的な投与反応実験(投与量とその効果の関連を調べる実験)もほとんどありません。
-----------------------------------------

 研究文献を批評したチャーリー氏(1987年)は、次のような結論を出しています。
 「(1)イオンは、動物と人の両方に、生物学的反応や行動面での反応で影響を及ぼすようである。
  (2)そのような影響が起こるとき、その「絶対的な大きさ」は概して小さいものである。
  (3)観察された影響は、概して一過性のものである」。

 しかしながら、広く読まれている文献では、マイナスイオンを浴びた場合の健康効果(疲労回復、精神のリラックス、抗不眠効果、免疫力の向上)を繰り返し報告しています。そして、症状が悪化する場合は、プラスイオンを浴びたことに起因するとしています。プラスイオンは地理や季節、天気などにより変化し、不適切な室内環境にもよります。

 プラスイオンやマイナスイオンを浴びることが、中枢神経系や末梢セロトニン*作用に様々な影響をおよぼすことを示す、長年にわたって議論を呼んでいる多くの動物実験や人体実験があります。
 脳内セロトニン*濃度が秋や冬に減少し、血小板中のセロトニン*には季節性周期変化があることが知られています。そして、季節性情動障害の場合には、抗うつ反応をセロトニン*が仲介してもたらすという仮説が実際に立てられました。これはセロトニン*作用薬の注射後に行動が活発になり、気分が高揚することにより例証されました。
*セロトニンとは、脳内伝達物質の一つでうつ病患者は不足しがちであるといわれ、増加すると改善するとされる。

 次の研究は、2つのマイナスイオン濃度での実際の治療を比較したもので高濃度のマイナスイオンは、周辺環境によるマイナスイオンの吸着効果を打ち消して効果を現すと考えられます。 これが上記の実験で効果が得られた理由でないかと考えられています。
************
 高濃度マイナスイオン発生器による治療は、季節性情動障害の患者に、抗うつ効果が特に見られるようです。
 低濃度マイナスイオンに対する反応は、プラシーボに対する反応率とみなすことができます。
 特筆すべき点としては、1万個/cm3程度のイオン濃度は、これまでに低濃度ではなく中程度の濃度と定義されて来たことです。高濃度イオンに対する反応率(58%)は、改善の余地があります。これは患者が受けるマイナスイオンの量を変えることにより、増加させることができるかもしれません。
 100万個/cm3程度の濃度のイオンは、これまでの大半の研究で使われてきたイオン濃度よりも大きな値ですが、一日あたり30分という治療時間は短いものです。反応率も60%程度です。
 抗うつ効果の作用メカニズムはまだ分かっていませんし、イオンに関連したセロトニン作動性反応が存在すると考えるべきではありません。
 今回のマイナスイオン発生用電子器具は、オゾンを、同時に発生しますので空中浮遊汚染物質が下に落ちることも、間接的な健康向上効果を持つ可能性があります。部屋のサイズ、湿度、天気、環境中のプラスイオン濃度、アースされた器具が近くにあるかどうか、衣服や家具に使われている繊維、といった実験比較の際に統一されなかった条件が、マイナスイオン濃度に影響を与えた可能性があります。一般家庭でのイオン発生器の使用では、個々の室内の条件によりマイナスイオンの量に差が出てしまい、治療が無効になってしまう可能性があります。
 今回の実験で高濃度イオンに効果があったのは、イオン発生器の電子流率が、4.5兆個/秒(一般市販機種をはるかに上回る)と高く、イオン量を減少させる作用のある統一されなかった環境要因を、打ち消せたことによるのかもしれません。


実験構成要素と方法は省略


肩こり頭痛<腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザー・自治体・法律を理解しよう!