ハーブサプリメント

ハーブのサプリメント肩こり顎関節症セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ビタミン・サプリメント)前ページへ (サプリメント・ビタミン)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ ハーブサプリメント


====================================================================================================================================================================================================================

ハーブ(ま行、や行、ら行、わ行)

ハーブ

マイタケ(Grifora frondsa) 
 抽出物のうち、D画分という口経摂取に適した大きさの成分がマイタケD-フラクションと呼ばれ最も強い抗腫瘍性を示し、リンパ球とヘルパーT細胞を増やし、NK細胞を活性化して、免疫機能を強化します。主成分は、多糖体のベータ1,3グルカンです。D-フラクション以外にも、コレステロールを下げ、脂肪を分解するなどの働きのある成分を含んでいます。

マカ(Lepidum meyenii)
 アンデスの高地に生育するアブラナ科の植物で、インカ帝国の時代から精力増強剤、催淫剤として使われてきました。ビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含み、疲労回復、ストレス解消、中高年の健康維持と強壮、性生活の充実に、またスポーツサプリメントにと、人気の高いハーブです。女性が妊娠率を高めるハーブとしての人気が高まっています。

マテ(Ilex paraguarienesis)
 アルゼンチンではこの植物の葉からつくった飲料(マテ茶)が愛好されています。カフェインのほか、ビタミンA、B群、Cを含み、強壮剤として働きます。

マーハン(マオウ)(Epbedra sinica)
 東洋医学では4、5000年前から茎の部分がぜんそくの薬として使われてきました。抗アレルギー作用があるので、花粉症によるうっ血の解消にも有効で、風邪やアレルギーによる鼻づまり、涙目を解消し、頭痛にも効きます。根の煎じ薬は、中国では陰の気不足による多汗症に用いられます。興奮作用が長時間持続する(24時間ほど)ので、不眠などの症状が出ることがあります。血圧を上げるため高血圧の人は使わないでください。そのほかの場合も、必ず医師や薬剤師に相談しながら使ってください。
 このハーブは、ガラナのカフェインとともに使われて基礎代謝をあげるサーモジェニックハーブとして一時人気が高まりました。しかし、このハーブをスポーツ選手らが減量のためや能力を上げるために使い、マオウが原因と疑われる死亡事故が50件ほども発生するという事態となりテレビなどでも取り上げられるようになりました。これまでは直接の原因と断定できるケースは出てきませんでしたが、2003年の2月野球選手がこの種のサプリメントを使用して死亡した事故が、マオウが原因とほぼ断定されたことで多くのサプリメント会社が販売を中止しました。


マレイン(ビロードモウズイカ)(Verbascum thapsus)
 葉と花に、咳を取り、痛みとけいれんをしずめる作用があり、乾いた激しい咳を楽にしてくれます。腹痛や下痢にも効きます。花は傷や炎症にも用いられ、葉には殺菌作用も備わっています。



ミルクシスル(Silybum marianum)
 種に含まれるシリマリンという物質はフラボノイドの一種で、肝臓の働きを強化し、肝細胞の分裂と胆汁の分泌を促します。慢性肝炎、肝硬変、アルコールや麻薬による肝臓の損傷を癒すことで大変人気が高いハーブです。



ムイラプアマ(Ptychopetalum olacoides)
 ブラジル原産のハーブで、アマゾンの原住民の間では古くから性機能増強剤や滋養強壮剤として利用されてきました。主に使われるのは根と樹皮です。最近行われたフランスでの研究によっても、男性の性欲を高め、勃起障害に効果があることも明らかになっています。日本の高価な滋養強壮ドリンクにも入れられている成分です。



ヤロー(セイヨウノコギリソウ)(Achillea millefolium)
 花は抗アレルギー物質を含み、花粉症に使われるほか、利尿、血圧降下、消化促進、強壮に用いられます。花から採るオイルには抗炎症作用があり、風邪、インフルエンザ、関節炎などに効きます。地上部は利尿と健胃のほか、胆汁の流れを促し、汗を出して熱を下げ、月経の周期を整えます。妊娠中は使わないでください。



ユーカリ(Eucalyptus species)
 アボリジニ(オーストラリアの原住民)が昔から殺菌と解熱に使ってきました。ユーカリの精油は、風邪、インフルエンザ、肺結核の呼吸器症状を和らげ、関節炎やリウマチの症状を緩和します。

ユッカ(Yucca glauca)
 根には炎症と痛みをしずめる作用があり、皮膚の腫れ、ねんざ、関節炎やリウマチの痛みを和らげるために使われます。



ヨヒンベ(Corynanthe yohinbe)
 アフリカのハーブで「精力の樹」と呼ばれ、樹皮に含まれるアルカロイドが男性のインポテンツに効果的です。亜鉛やイチョウ、L-アルギニンと併用するとさらに効果が上がります。大量に使うと呼吸麻痺などの危険があります。肝臓や腎臓に障害のある人は使わないでください。そのほかの場合も、使用上の注意をよく読んで使ってください。日本では医薬品です。



ヨーロッパコスタルパイン(Pinus maritime) 
 樹皮は、バイオフラボノイドの一種であるプロアントシアニジンを豊富に含み、「ピクノジェノール」という商品名で知られています。プロアントシアニジンは強力な抗酸化物で生理痛などにも効果があるといわれ高い人気があります。



ラベンダー(Lavandula officinalis)
 香りの良いハーブ。主に花の部分が使われ化粧品としても使われています。、ラベンダーのアロマオイルリラックス効果と殺菌効果に富み、心身をリフレッシュしてくれます。頭痛、肩こり、乗り物酔い、不眠、ニキビや吹き出物に、火傷に、消化不良にと、用途は多彩です。ガスが出やすいときにラベンダーのお茶を飲むとおさまります。



リコリス(カンゾウ)(Glycyrrhiza glabra)
 漢方薬の材料として、最もポピュラーなものの1つです。根に含まれるグリチルリチンには砂糖の50倍の甘みがあります。ステロイドホルモンの生産を促すので、胃炎、関節炎などの炎症を抑えます。抗ウィルス、抗アレルギー、痰を取るなどの作用もあり、胃潰瘍、気管支炎、腎臓疾患などに使われます。強壮薬としても働きます。高血圧などの方は血圧を上げるので利用しないでください。


霊芝(Ganoderma lucidum)
 中国で古くから珍重されてきたキノコです。血行を良くして心臓の負担を軽くし、血圧やコレステロール値を下げます。近年では抗ガン作用と鎮痛・抗炎症作用が注目されています。ガンの治療に用いる場合は医師に相談してください。

レグストラム(女貞子)(Ligustrum lucidum)
 成熟した果実を乾燥させたものが女貞子(じょていし)で、強心、強壮、強精、利尿、緩下などの働きが古くから知られています。現在は中心性網膜炎、老人性白内障など眼科の病気に主に用いられます。樹皮は解熱と抗マラリア、葉は抗菌と解熱の目的で使われます。葉はお茶にして飲むと胃潰瘍にも良いとされています。

レッドクローバー(Trifolium pratense)
 健康全般と精神安定に使われてきました。イソフラボンが豊富なので婦人病や更年期のために利用されることが多くなりました。花に抗炎症作用があり、気管支炎や百日咳に用いられ、外用すると湿疹にも効きます。ガンの薬としても知られていて、乳ガンには花のお茶を毎日飲むと良いとされます。ガンの治療に用いるときは専門家のアドバイスを受けてください。

レッドラズベリー(Rubus idaecus)
 実、葉、根、樹皮など多くの部分が女性特有のトラブルに使われます。出産時の出血を適量にし、流産のときは子宮の緊張を取ります。おりものや多すぎる月経にも効果があります。ほかに、のどが腫れたときのうがい薬として、胃腸の強壮剤としてなど、男性にも有効です。


ローズ
 バラは多くの種類があり、薬用ハーブとしてヨーロッパでは長い歴史をもっています。ローズヒップ(バラの実)にはビタミンC、E、バイオフラボノイドがバランスよく含まれ、肌を若返らせ、美しく健康に保ちます。生理痛、生理不順、夏バテ、風邪にも効果があります。花から抽出したオイルをオリーブオイルに混ぜたものは、フケを防止するトリートメントとして重宝です。ハーブティーは神経症に効き、憂うつな気分を和らげます。種からとったローズヒップシードオイルは、ビタミンCやGLA(γリノレン酸)が豊富でお肌を美しく保ちます。またシャンプーなどに混ぜて使われると髪や地肌を健康に保ちます。

ローズマリー(arosmarinus officinalis)
 主に葉が使われ、記憶力を高めるハーブとして知られています。アセチルコリン(記憶に関係する神経伝達物質)の働きを抑える酵素を阻害するためです。近年は抗ガン作用が注目されてきています。ローズマリーのアロマオイルも同様の効果を持つとされ人気があります。



ワイルドヤム(Dioscorea villosa)
 南米のハーブ。山芋の一種でプロゲステロンの前駆体であるジオスゲニンを含みます。サプリメント以外に女性が若さやお肌を維持するクリームとして使用する方法もあります。現地の女性は根を受胎調節と流産予防に使っています。アメリカでも一部で避妊薬として用いられています。無月経、卵巣の痛みに、抗炎症剤として肝炎、大腸炎にも効果があります。受胎調節の目的で使うときは専門家に相談してください。



肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!