ディスポーザーの選択基準

ディスポーザーの選択基準は処理性能、排水性能、耐久性、価格。ディスポーザーの修理や故障も少なくて寿命も長くなります。 肩こりにはバイオコレクターを。腰痛にもどうぞ。顎関節症が関係することも、セルライトマッサージ、浄水器の水 サイトマップ

番外編-ディスポーザー購入の際の選択基準は?

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋


(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ

(ディスポーザー価格)前ページへ (ディスポーザーの法律)次ページへ



スペース:ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。赤水防止、赤水対策製品も取り扱い中です。ディスポーザーと下水道ディスポーザーの取付工事正規品のディスポーザーとは?ディスポーザーを選ぶ基準は何?ディスポーザー、法律はどうなっているの?ディスポーザー訪問販売はどうなの?シンクマスターBF750シンクマスターBF750部品なしシンクマスターBF750JF更にシンクマスターBF750JFSシンクマスターBF750-SシンクマスターBF750あまぞん ディスポーザー選択基準


ディスポーザー故障・修理の電話
ご質問はこちら
メール

ディスポーザーの購入を考える際は、まずアメリカ企業のディスポーザーを選択下さい!


 ほとんどの生ごみを処理できるレベルの製品としては、現状では米国企業のディスポーザーだけがこの範囲に入ります。日本製の場合は音や振動を気にしすぎて(これはユーザーのニーズというよりマンションデベロッパーのニーズ従っていることが原因です)作っているため処理能力が大変低くなります。例えば掃除機のダイソンはうるさいですが清掃能力がずば抜けています。これと同じで米国メーカーの製品は、多少うるさいですが、処理能力がずば抜けておりトラブルが少ないのです。また中国メーカーの製品は、明確なテスト基準を採用していないため耐久性・処理能力がかなり低くなります。
 米国メーカーの ディスポーザーは、現在の生産地は中国ですが、米国の基準に従って製造されます。生の牛の胸骨や繊維の強いグレープフルーツを完全に処理できないと正常な製品とは見なされません。日本製や中国製の場合は、ここまでの処理能力や耐久性を持っていません。そもそも、それらを保証するテスト方法や規格がないためです。
ですから、「骨や貝殻は入れない」など投入物に多くの制限を設けています。米国ディスポーザーの場合は、このような制限がほとんどありません。

米国のディスポーザーに関する規格は下記の3つの規格がありこれを満たさないと販売は原則としてなされません。
「ANSI/UL430(性能と安全規格)」、「ANSI/AHAM(処理性能規格)FWD-1」、「ASSE1008(排水性能規格)(またの名はANSI/AHAM FWD-2)」(ANSIとは米国工業規格の略で日本で言うとJISにあたります)
 
尚、公的なものではありませんが、かつてもっとも研究が進んでいたゼネラルエレクトリック(現在は、GEはアナハイムマニュファクチャリングに生産委託していてほとんど力を入れていません)が基準にするテスト方法があります。(冷凍の牛の胸骨を使用して、およそ20年の使用時間に相当する時間処理をさせて故障がないことや音と振動の基準などクリアしなくてはなりません)。シンクマスターシリーズの ディスポーザーもこのテストをクリアしています。



米国メーカーのディスポーザーを選定する際の基準はいくつかあります。

それを下記にまとめましょう。アナハイムマニュファクチャリング社のディスポーザーウエストキング・シンクマスターシリーズは、高トルクのマグネットモーターを採用しており噛み込んだり詰まったりすることが大変少ないタイプです。日本のシンクに取り付けると振動がうるさいという唯一の欠点も弊社の提供する日本用3点防振パッキン、防振クッションマウント、制振シートにより解決しています。

蓋スイッチ(バッチ)式か連続処理方式か-米国内のディスポーザーはほとんどが連続処理方式の製品です。蓋スイッチ(バッチ)式は主にイギリスなどに輸出される安全性を高めた製品で蓋をすることで初めて始動するため小さなお子様や高齢の方が誤って手を入れたりする事故が起きないように作られています。生産量が少ないために割高です。
日本では、バッチ式が人気があります。というのは、安全性を大変気にされる方が多いことの他に、日本の方の場合は習慣的に生ごみをディスポーザーの処理室にためて、洗い物の水などで一気に処理する方が大変多く「それならば安全性の高い蓋スイッチ式を」と考える方が多いためでしょう。連続式を購入されても、利用の仕方は蓋スイッチ(バッチ、溜め置き)式という方が大変多いのです。シンクマスターシリーズは始動トルクが大きな製品であるため蓋スイッチ式はお勧めできる製品のひとつです。

ディスポーザーの耐久性-米国ディスポーザーはおよそ6-20年程度の耐久性をもちます。機種によりランクがあります。ワット数が高いものほど長寿命の傾向があります。

ディスポーザーの処理能力(骨・繊維・ミックス、生皮)-基本的にこれらを処理できるように作られていますが、出力(ワット数、W)が大きいほど能力は上だといえます。高回転のマグネットモーターを採用している機種が処理が早く、粉砕粒度(1-2mmが中心粒度帯)のバランスがよく配管閉塞が少ないといえます。能力が低い場合は、アンダーカッターなどの機構を採用しなくてはなりません。強い繊維は刃が無いディスポーザーが苦手とするものです。これらを処理したい場合は、例えばとうもろこしの外皮などははさみで5cm程度に切って投入していただければスムーズに流れます。魚や鳥などの生皮のように弾力のあるこのも苦手とします。この場合は、投入前に熱湯を少しかけて硬化させてから投入いただくとスムーズに処理できます。

ディスポーザーのトルク(噛み込み防止能力)-出力(ワット数、W)が大きいほどやはり噛み込んだりするトラブルが少なくなります。また高回転のマグネットモーターを採用しているほうが噛み込み回避能力は高いといえます。トルクの不足するインダクションモーターを採用している重たいディスポーザーの場合は、トルク不足を補うために始動コンデンサーを導入して始動時に電気をためる機構が必要です。

ディスポーザーの粉砕粒度・排水性能-高回転・高トルクマグネットモーターを使用している場合は粉砕粒度が1-2mmと細かくポンプ作用である程度の圧力が発生するためスムーズに排出されます。この粉砕粒度は大変重要で大きすぎず小さすぎずという粒度が大事なのです。あまりに大きいと配管内でつまりますし、またあまりに小さいと水流に乗らず玉子の殻や骨、貝殻などが底に溜まり流れなくなり、配管が詰まるという現象を起こすからです。

ディスポーザーの自浄作用-ディスポーザーの処理室内は粉砕物が壁に付着して残ったりしないように自浄作用を持つことが米国規格で定められています。高回転タイプのディスポーザーほどこの能力が高く、処理室はほとんど掃除が必要ありません。(投入口とはねよけゴムはお手入れが必要です)。

ディスポーザーの振動・音-日本のシンクのステンレス板の厚みは、一般に0.7mmとアメリカのおよそ半分程度の厚みです。そのため高回転・高トルク型ディスポーザーをそのままつけるとモーターの振動や粉砕中の振動が直接伝わります。弊社のシンクマスターシリーズには高価な防振用のパッキンと防振クッションマウントを採用していますのでこの振動を問題のないレベルに抑えています。また大変シンクの槽が大きい場合などには制振用ダンパーという強力な振動防止シートを貼って共振をとめることもできます。回転数が1500回転/分程度の低回転型のディスポーザーは生ごみを入れない状態では静かでも生ごみを入れて処理する段階では大変大きな振動がでます。この場合も、防振3点パッキンや制振シートは振動を大きく抑制します。

ディスポーザーの重量・取扱安さ(ハンドリング性能)-アナハイムマニュファクチャリング社のマグネットモーターを採用したディスポーザーは3-5.9Kg程度でほとんどの方が片手で持ち上げることができます。取り付けや取り外しの際にこの軽さは大変重要な要因となります。インダクションモーターを採用した8-10kgの重たいディスポーザーは一人では取り付けや取り外しができないからです。
 アナハイムマニュファクチャリング社のディスポーザーは米国特許を持っていた(現在は有効期限が切れています)イージーマウント方式を採用していますので専用工具を必要とせず誰でもマニュアルを見て取り付けができます。他のメーカーは3点ボルト方式で素人がつけるのは大変困難を伴います。またハンドリングが簡単ということは故障やトラブルも専門業者を呼ぶことなく簡単に対応できるということです。

******************以下は選択の基準としては重要ではありません******************

ディスポーザーの電気代-処理時間は10秒程度と短いのでほとんどのご家庭では月に20-50円程度の電気代で収まります。

ディスポーザーの使用水量-ディスポーザーを使用してもほとんど増えないといえます。アメリカ、カナダ、北欧、日本などの多くの調査では、使いはじめほど多くの水を使われる傾向がありますが、慣れると調査できない誤差の範囲に収まるようになります。これは、日本では特に洗い物をした排水でディスポーザーを運転したりするためとも考えられています。







1ディスポーザー シンクマスター950と、2ディスポーザー シンクマスター950と、3ディスポーザー シンクマスター950は、4ディスポーザー シンクマスター950と。ディスポーザー アナハイムは、1アナハイム ディスポーザーだが、2アナハイム ディスポーザーは、アナハイム ディスポーザーは限定される。ディスポーザー ウエストキングディスポーザー ウエストキングは、2ディスポーザー ウエストキングは、ディスポーザー 蓋スイッチ式は安全、2ディスポーザー 蓋スイッチ式は、3ディスポーザー 蓋スイッチ式は。4ディスポーザー 蓋スイッチ式は便利、ディスポーザー 蓋スイッチ式は音が小さい、ディスポーザー 蓋スイッチ式はやはり静かディスポーザーのISE 訪問販売がまだ。ディスポーザー 交換、を推奨。蓋スイッチ ディスポーザー  G蓋スイッチ式ディスポーザーだとか、G1蓋スイッチ式、ディスポーザーや、G2蓋スイッチ式、ディスポーザーに、G3蓋スイッチ式ディスポーザーG4蓋スイッチ式ディスポーザーだ。Gシンクマスター蓋スイッチ式ディスポーザーだ。 G2シンクマスターディスポーザー550だ。G3シンクマスターディスポーザーだ。G4シンクマスター蓋ディスポーザーに、G5シンクマスターディスポーザー、さらにG6シンクマスターディスポーザー750G7シンクマスターディスポーザー750だ。 Y蓋スイッチ式ディスポーザーや、Y蓋スイッチ式ディスポーザーと、Y蓋スイッチ式ディスポーザーや、蓋スイッチ式ディスポーザー。蓋スイッチ式ディスポーザーや、Y蓋スイッチ式ディスポーザーだ。 Yシンクマスター・サイレント・ディスポーザーや、シンクマスターディスポーザーに、Y3シンクマスター・ディスポーザーを加え、Y4シンクマスターディスポーザーと、Y5シンクマスター・ディスポーザーY6シンクマスター・ディスポーザーY7シンクマスター・ディスポーザー550や、Y8シンクマスター・ディスポーザー1050