0
¥0

現在カート内に商品はございません。

CATEGORY カテゴリ

【送料無料】ラジウム健康の湯1Kg(国内最高レベル9.7μシーベルト)。ラジウム・温泉以上の温まり。

¥10,980 税込
商品コード: r0001
数量

カートに追加しました。
カートへ進む
ラジウムセラミックボール9.99μシーベルト使用。


ラジウム健康の湯

製造元(発売元):(株)ティーアンドカンパニー
商品の仕様と大きさ:
重量:1000g
大きさ(巾着袋):300mm×245mm×50mm
材質:ラジウムセラミックボール、ラジウム天然石、ゲルマニウムセラミックボール、不織布
ご利用可能期間の目安:半永久的ですが、効果が落ちたと感じられたときには増量ください。

ラジウム温浴を手軽にご家庭で!

 湯治で有名な玉川温泉、三朝温泉、万座温泉などは、ラジウム温泉で大変健康に良いといわれ湯治などで賑わっています。ラジウムから発生するラドンが肺や皮膚から体に入りホルミシス効果(微量放射線による賦活効果)を与えるからだと説明されています。
ラドンの効果を別にしてもラジウムの鉱石をつけたお湯が体を保温する効果は、確かで大抵の方は湯から出ても15-20分程度は体温が下がらないと言います。

ラジウム温泉ではありませんが、硫酸塩・塩化物泉の草津の湯治では、「時間湯」と言って入浴法が決められて掛け声に従い集団で入浴します。1日4回、約3時間おきに定刻、47度の熱い温泉に、掛け声に合わせて、腹式呼吸をしながら30杯程度お湯を頭からかぶり3分間入浴し、出てから蒸しタオルを体に掛けて汗を出し切ります。1-3週間が目安と言います。

 現在一部の研究ではマイルドな温熱療法といって1週間に2回程度42℃くらいのお湯に10-15分入って体温を38度以上に保つ療法が話題になっています。(医療としては体温を42-3度まで上げるようです。)草津の時間湯ほどの強烈さはないですが、この程度の温熱でもはっきり効果が出ると言います。

 10分以上継続する熱によりヒートショックプロテイン(熱ショックタンパク質)(HSP-熱以外の寒さや酸欠によっても増える)という多種類のたんぱく質が生産され様々な免疫力を高めリンパ球を増やし自律神経を調整して体を改善することが解ってきたのです。

 特にその中でもHsp90というたんぱく質は、がん細胞にマーキングしてキラーT細胞などの免疫細胞が異物であるがんを発見して捕食・分解・排泄しやすると考えられています。

 また、がん細胞は43度で血管が破壊されて死滅する(がん細胞は血管が脆い!)ことから体温を上げることが治療に効果的であることが解ってきています。草津温泉の時間湯は正に体温をこの程度まで上げていると考えられます。昔の方は素晴らしい方法を編み出していたんですね。

 体を温める保温効果に優れたラジウム温浴でも似たような方法をとることで健康効果が出そうです。ラドンの効果だけでなく保温効果は大変重要な成果を出してくれそうです。

「ラジウム健康の湯」は、一部では10万円以上するような鉱石と同レベルで国内最強クラスのラジウムセラミックボールを使用しています。また天然の温泉に近づけるように天然ラジウム鉱石(花崗岩)を600gも使用


これは温泉を超えているのでは!

ラジウムセラミックボール 200g
ラジウム天然石600g
ゲルマニウムセラミックボール200g
合計            1Kg(1000g)

ラジウムセラミックボールの性能
性能・成分等は下記をご覧下さい。

ボールサイズ直径8mm(±0.5mm) 含有物天然放射性稀有元素鉱物、セラミック用粘土 原料:日本産 ご参考データ
【測定方法】市販の水槽(14L)にラジウムボール200gをいれて測定。
【測定器】ガンマースカウト
【測定時間】120時間
【測定結果】2.81μSv/h(マイクロシーベルトバックグラウンド0.12μSvを含む)

ラドン濃度
【測定器】RGP-PS
【測定時間】120時間
【測定結果】175Bq(ベクレル)(ラドンを含む総ベクレル数は、336Bq)
Bqは、放射線源からの放射される量の単位です。(正確には1秒間に1回の壊変で1Bq。 1秒間に2回の壊変で2Bq。)



ゲルマニウムセラミックボール 直径4-7mm
ゲルマニウムセラミックボールは、無機ゲルマニウムで原料のゲルマニウム純度は、99.99%です。 
ゲルマニウムセラミックボールのサイズは4mmから7mmの混合型です。
セラミックの基材は山形県産のゼオライトを使用。

ラジウム天然石
ラジウムを含む天然石を砕き角を取り除いた石を使用。通常1.2-1.3μシーベルト

更に効果を求められる方は、塩化物泉と似たお湯にするために塩を併用したり磁気風呂ックを併用頂き溶解量を上げてご利用ください。
尚、水分補給には十分お気をつけください。また高温で長時間お湯に入る場合や持病のある方は必ず医師の指導に従ってください。

カテゴリ一覧

ページトップへ