顎関節症と噛み合わせが原因の肩こり・頭痛・不定愁訴の解決策

歯列矯正や歯科治療などによる顎関節症・噛み合わせが発生したときにお読み頂くと役に立つページです。酷い頭痛や肩こり腰痛の際は特にお奨め。セルライト 電磁波対策ストレス 高血圧つぼ 浄水器 サイトマップ


顎関節症、歯の噛み合わせの狂い・異常や歯列矯正の後遺症の対処法-2

肩こり 腰痛 セルライト 浄水器の本格屋

(顎関節症・頭痛・肩こり)前ページへ (顎関節症・頭痛・肩こり)次ページへ


顎関節症・噛み合わせの電話

ご質問はこちら(歯科医の紹介はしておりません)
問い合わせ

MYスペース:頭痛や肩こり 腰痛 セルライト ストレス 高血圧 顎関節症 顎関節症噛み合わせにはバイオコレクターMK37.2.1LUX。サプリメントの効果も高めます。マイナスイオンチタンネックレス磁気治療器


(続き)
 さて、それでは

噛み合わせの狂いや顎関節症の実態(肩こり、顔こり、首こり、頭痛、神経の衰弱、不眠等々)や弊社の知り得ている対応法

などをできるだけ実際の本人の感覚で捉えて詳しく見て行きたいと思います。



 これらの「噛み合わせの異常や不良」と「噛み合わせの狂いが発生させる顎関節への負担」(顎関節症)から発生する主な症状は、

@歯の周辺と顎関節周辺から発生する、余計な神経の持続的な興奮(最も主要なものは三叉神経刺激)による顎や顔・頭の筋肉・血管・リンパ管の硬直、それによる老廃物の蓄積・酸素欠乏(低酸素症)とその反射刺激の波及よる全身の筋肉・血液・リンパの硬直、それによる老廃物の蓄積・酸素欠乏(低酸素症)(微小体液循環の障害)
(三叉神経(さんさしんけい、最初の図を参照)とは、脳幹から出た神経が三叉神経節で「みつまた」になって別れ、目の上、鼻の穴の当り、下顎の辺りに出てくるのでこの名があります。ほんの0.01ミリほど歯の高低が違うだけでも大きな体の不調を生み出すのは、この太く敏感な神経が、筋肉を介したほんの少しの刺激を痛みとして捕え増幅してして伝えることが大きな比重を占めていると考えられます。この神経は無意識に体をコントロールしている脳幹(間脳)と直接つながっており、持続的に刺激を受けると脳幹の働きに影響しホルモンや血圧、自律神経などのコントロールが乱れるため多様な症状を生み出します。また、もうひとつ脳から直接出ている12の神経のひとつである顔面神経(三叉神経も12の内のひとつ)は耳の下・顎関節の近くを通って脳から出てきているため顎関節の変化に影響を受けやすい神経で、内耳のアブミ骨に繋がっているためバランスが取れなくなる要因ではないかと考えられます。また副交感神経として機能するものもあるなど多様な症状を生む元となります。)

A歯の周辺と顎関節周辺から発生する、余計な神経の持続的な興奮による自律神経ホルモンバランスの失調(これにも三叉神経と顔面神経への刺激が大きく影響します)

Bこれらが重なっておきる頭部や首を中心とした身体的な辛さと「うつ病」と間違えられる不安定な精神状態です。

 思春期以降の歯列矯正で体調を崩している方も顎関節症と同じ症状がでます。そしてこれらの患部はプラス電位に傾いています。(マイナス電位に誘導することで改善することがロシアの文献で解説されています)

 これらの顎関節症や噛み合わせの狂いの対策として私たちが推薦できる方法は、
「最上位の電磁系である経絡系に体が信号として受け取れる微弱な磁場により細胞膜(特に神経の細胞膜)にマイナス電位を誘導し(これをポンデロモトリック効果(物理学のホール効果)といいます)、更に大脳皮質、視床下部、脳幹に働きかけて、歯や顎からの過剰な神経刺激を持続的に解除し続けより深い休息と睡眠に導いて自己修復能力を上げる」
と言う方法です。これは、即効性があり繰り返し行なうことで持続性を持ちます。ポンデロモトリック効果(物理学のホール効果)はいわば弱い神経ブロックを患部に常時繰り返しているようなものです。
 電磁リフレクソロジーという分野の製品の肩こり腰痛などにロシアで使われるバイオコレクターMK37.2.1LUXが代表的な製品です。身につけているだけで身体有効点(BAP)や経絡(電磁的な通り道)に働きかけて、辛さを緩和して気持ちを安定する助けをしてくれます。(超音波振動で効果を格段に高めた研究者用試作キット・バイオコレクター、超音波発生器、接続キット(研究者用)もありますが、研究者用として(一般の方もお買い上げ頂けます)販売しています)

(上記の部分、私どもは良いと思い紹介していますが、広告だと感じられれば読み飛ばしてください。以下同様です。)

 噛み合わせが狂いその結果、顎関節症などになると頭蓋骨や顔の骨なども変形させ脳圧を上げて頭が張り、脳への血流が不足して、ぼーとして重く集中力が無くなったり考えることさえできなくなったりします。また顎、顔面、頭部は交感神経や副交感神経の自律神経が集中して走っている上、「三叉神経」と呼ばれる神経は、歯と歯茎、歯槽骨、顎関節から「(筋肉を介した)微弱で持続的な刺激」を脳(体を自動的にコントロールする脳幹視床下部)に直接、絶えず送り続けます。その結果、脳の視床下部がコントロールを失い自律神経失調状態に陥ったりホルモンバランスが崩れたりします。
 眠れなくなったり、耳鳴りがしたり、目の奥が痛んだり、生理が狂ったり、アレルギーになったりと多様な症状が発生してきます。また鞭打ちなどにより首の頚椎あたりから発生する痛みや辛さにも似た症状がでたりします。これは後に説明するように噛み合わせの狂いあるいはそれが進行した顎関節症は、首の骨(頚椎)のズレを引き起こすことがあるからです。
 こうなると体ばかりではなく精神的にゆとりがなくイライラして性格が変わったようになるので、周りの人には精神的におかしいと思われるケースが多くなります。実際はまったく原因が異なるので関係がないにも関わらず精神科を医師に勧められ薬漬けにされる方もいます。
 また顎はからだのバランスをとるためのキーですから、関連する筋肉が全て緊張する結果、バランスが取れなくなり目を閉じると体が簡単に傾く、階段や路上で簡単につまずくといったバランスが取れない状態になります。
 マッサージやカイロプラクテックスを受けても原因が噛み合わせ顎関節症から来ているので30分から1時間といった短い時間で元の辛い状態に戻ってしまいます。
 これほどひどくなくても、大抵の方は、幼少期からの歯の治療を繰り返して噛み合わせが狂ってきています。歯科医師にこの問題はほとんど考慮されてこなかったからですし現在も根本的にはほとんど考慮されていないからです。


噛み合わせ、顎関節症と顔面筋の緊張と全身への波及
 左図の太線と黒丸のあたりを触って硬ければ、まずこのような状態です。また目の下を押して気持ちが良いようならかなり噛み合わせが狂っているといって良いでしょう。そしてこれらは連携し筋肉反射により全身に波及(左図の矢印)していきます。



















噛み合わせの狂いから来る症状(顎関節症)は、時間が経過してから気づく
 困ったことにこの噛み合わせの狂い(顎関節症)は、狂ったらすぐに痛みが走ったり、翌日から急に調子が悪くなると言う症状は出てきません。徐々に疲労が蓄積して、血流やリンパの流れが滞り筋肉の緊張が続き自律神経が乱れ思考や意欲が鈍ってきます。頭痛や肩こり・首こり・顔面のこりがひどくなり寝られなくなったり、気持ちに余裕が無く短気で怒りっぽくなったり、仕事などのミスが続いたりします。それらの結果、対人関係が非常に悪化したりしてきます。
 人や症状によりまちまちですが、例えば歯の治療後半年ほど経過して始めてはっきりとした自覚症状が出るといったケースが多いのです。従って歯の治療によって体の不調がもたらされたことに気づく人は、よほどひどくなった後でマッサージ等に通い、そこで指摘されてはじめて気づくことになります。

ひどい噛み合わせの狂い・顎関節症は完治するのに5年以上の時間が必要なこともある。
 本当に噛み合わせが狂ったり顎関節症のひどい状態になっていたら、良い歯科医師の下で治療をしてもかなりの程度通常4〜5年くらいかかると考えられたほうが良いでしょう。顎関節症の重症の場合は10年かかることもあります。歯の治療とともに歯の状態に合せた関節・骨と骨組み(顔や顎、頭など噛み合わせに合わせて接合部を微妙に変化させ全体の形を変えて行きます)・靭帯・筋肉・血管・神経を体が再構築しなくてはならないからです。
 その間は、大変ひどい状態が続く場合があります。肩こり頭痛がひどい、仕事ができない、イライラする、眠れない、昼間眠くなりだるい、意欲がでない、全身が硬直する、など普通の状態ではいられなくなります。(多くが三叉神経の持続的刺激に起因すると考えられます)。顎関節症は、ほとんどの場合、職場でも家族からも理解されないので精神的に追い詰められます。仕事を止めたりする必要にまで追い詰められる方もいます。
 こうなってしまったら「5年かけて治そう」と割り切って治療第一の生活に切りかえるしかありません。それが健康を取り戻しもとの生活に戻る一番の早道です。そして誰でも必ず良くなります。治らないことはありません。
 これらの顎関節症の重症の方には、とりあえず正常な生活を送って頂く為に、はじめに述べた麻酔薬によるトリガーポイント注射やリリカなどの薬剤、パルス磁気治療器、バイオコレクター・クリトン-Kなどの電磁リフレクソロジー器具を併用していただく必要があるでしょう。薬剤や器具を併用して通常の生活を何とか維持しつつ治療を進め数年でかなりの部分を回復できるはずです。
 これらのことは、現状では普通の歯科医、医師は知らないですし理解できない、もしくは理解しようとしないかも知れません(習ったことがないからです)。薬剤を出してもらえるペインクリニックの医師を探すだけでも手間取るかもしれません。特に地方では医師も限定されるので特にこのような傾向があるでしょう。それでも決して諦めてはいけません、必ず良くなるからです。。ここに書いているように対処法がある症例なのですから。単に研究している人がほとんどおらず、症状(現象)だけを見ていると多くの専門分野にまたがる複雑な症状と一見受け取られますが、根本的には、対処法を医師や歯科医師が知らないだけなのです。現代の医学のレベルから考えれば難しい症状ではないのです。


ほとんどの歯科医師は、噛み合わせの狂いによる顎関節症を完治させることはできない!宣伝文句は当てになりません。最終的には本人が適応することが必要です。
 顎関節症の簡単な症例ではどんな歯科医でも噛み合わせを治すことができます、例えば少し歯を高くする、当たりを少し変える、スプリントを使うなどの対応で改善する方は多くいます。ここで述べているのは、このようなどこの歯科医でも対応できる簡単な症例ではありません。かと言って難しい症例の方の数が少ないかといえば、そうではなく一説では国民の20-40%とも言われる極めて多くの方が、この症状を持ち治せないでいるから問題になっているのです。しかも「治せる」と看板を挙げていても60-80%の方を治せないでいることが問題を根深くしています。どの歯科医にも治せる患者は少数いますが、少し難しくなるとほぼお手上げの状態の歯科医がほとんどです。
 多くの歯科医師はミクロン単位で歯の噛み合わせのバランスが狂い神経刺激を発生させ始め筋肉が硬化(専門用語では硬結)して悪循環に入り全身に及んでいくことを現実の問題として考えていません。だからそのような問題がおこるのですが・・。また歯科医師になる過程で噛み合わせ顎関節症下顎が身体にどのような影響を及ぼしているかといった問題を学ぶことも無いようです。ですから各歯科医師が自らの治療経験や歯科医師仲間の情報により治療を行なっているのが実態です。また大きな問題として、「適切な噛み合わせ位置で、噛み合わせの調節をする」という考えが歯科医師の間では支配的ですが、顎は体のバランスに応じて様々な位置に変化し、それぞれの位置での噛み合わせが適切でないと歯と歯茎、歯槽骨、神経、血管に持続的な余計な刺激を送り続け様々な症状を起こします。この点に対しての理解がないことがいつまでも噛み合わせを完治させることができない、歯科医師が抱える大きな問題です。「正常な顎の位置の決定」には関連箇所を全て弛緩させリラックスさせた上(これを行うには麻酔薬・リリカ・睡眠薬・マッサージ・パルス磁気治療器・高圧酸素・温浴療法のなどありとあらゆる方法で手を尽くさなくてはなりません。手を尽くしてもまだどこかは緊張しているものです)で噛み合わせを木や湿った布などを軽く噛んだ上体であらゆる位置で障害がないことを確認して何度も何度も少しづつ日にちを置いて確認する必要があります。

 噛み合わせの狂い・顎関節症に対してのアプローチの方法は大きく分けて次の4つのようです。これらのアプローチをうまく個々人の症状に合わせて適応すればかなり治せるのですが、ほとんどの歯科医師はこの中の一つか二つのアプローチしか行なうことができません。

@低位咬合(奥歯の高さが減って低くなった症状)を被せ物などで高くする、
A左右の歯の高さの違いを被せ物などで修正、
B下顎の左右へのズレを歯を削ったり被せ物で歯の当り方を変えて修正する、
C上下の歯の当り具合を少しずつ削って全体がバランスを保つように調整する


 というのも噛み合わせを調整するには、顔、体のバランスと下顎と頭のバランスをつかみ調節していく必要がある上に、職人的な技術を持ち、更に患者とのコミュニケーションをとることができて、状態を正確に把握できる歯科医師でなくては治すことは難しいのです。問診も触診もできない歯科医師がほとんどですからこれは無理な話です。
 そして最終的に完治させるためには、本人が適応能力を発揮させて歯の高さやあたり具合を歯槽骨などを変化させて最適化したり歯の変化に関節・骨・靭帯・筋肉・神経・血管などを適応させる必要があるからです。(自己修復能力
低位咬合と顎偏移 最近では、この噛み合わせの問題が少しづつ認識され始め、歯科医院の特徴を出したり利幅の大きい自由診療(保険を適用しない治療で自由な値付けができる診療のこと)の範囲を広げたりするために「噛み合わせの治療ができます」と看板を出すところも増えてはいますが、職人技とコミュニケーション能力を持った歯科医師に出会える確率は限りなくゼロに近いといわなくてはなりません。(わずかに能力のある歯科医師はいらっしゃいますが)
 噛み合わせ顎関節症の治療ができるとうたう歯科医のほとんどは、歯の高さが不足する「低位咬合」と「左右の高さの違い」によるバランスのズレや「下顎の左右へのズレ」が原因だと教わって治療を行っているようです。それは、左右の歯の高さが違ったり、歯が傾いたり磨り減ったりして口の中の空間が狭くなっている方が、このような症状を起こしやすい傾向があり、奥歯の高さを高くすれば前歯の不要な当りも軽減してある程度、楽にすることができるからです。また「あらゆる位置での噛み合わせを適切にする」という課題もある程度クリアする方法でもあります。(後に説明するように奥歯の高さが不足すると奥歯をかむのに役割を果たしている翼突筋が緊張していくことと、噛むために顎関節に下顎の接合部を押し込んでいくため顎関節の軟骨が減りここからいろいろな刺激が伝わるためです。)

 またこの考えは、被せ物を作るのが得意な歯科医師にマッチし、利益が出しやすいので直ぐに被せモノをつけようとします。それでうまく解決できればよいですが、できないケースも非常に多いのです。アメリカ国立衛生研究所のレポートの通り後戻りできない治療法はよほど確実な根拠がない限り行うべきではありません。(強く苦痛を訴える患者のうち、ほぼ問題のない状態になる人は人は50%もいないようです)。
 なぜなら、すでにアプローチ方法を4つ紹介したように、噛み合わせのズレは、複雑で高さ、左右だけでなく前後、斜め前後などの3次元的な複雑な変化をしていますし、奥歯になるほど支点に近いので(てこの原理を思い起こしてください)少し(コンマ1ミリ以下!)いじっただけでその影響が顎関節や前歯・側面の歯などに伝わるからです。










噛み合わせと顔面筋(側頭筋、咬筋、翼突筋) またアゴが開く運動は、頭蓋骨にアゴがぶら下がって開け閉めするという単純な運動ではなく、上から3番目の首の関節(第三頚椎)を支点に、それとほぼ同じ位置にある喉の舌骨とのバランスをとりながら頭蓋骨と下アゴが同時にバランスをとりながら動くという2重にも3重にも複雑に開閉しています。(「構造医学」(産学社)の「顎関節の生物学的意味」参照)。第三頚椎に負担がかかるので筋肉の弱い女性は、この頚椎がずれて鞭打ちのような症状まででてくることがあります。ほとんどの歯科医師は驚くべきことにこの事実を認識していません!
 しかも歯は一つ一つ独立して独自の状態を保っているため、どれかのバランスが取れないと関連箇所から余計な神経の興奮とそれに伴う筋肉の緊張が発生しこれが連鎖的に全身におよぶからです。ですから健全な状態にしようとすると噛み合わせの構造的なアプローチ(低位咬合、顎偏移等)以外に、1本1本の歯について問題のない上下の歯の当りを実現しなくてはならない訳です。これは非常に高度で職人的な技術だと言えます。
 多くの歯科医が行なうスプリントと言うマウスピースのような一時的な被せものは多くの場合、治療効果を発揮することがありません。歯は一つ一つ独立しているのに、全て一体化していることが問題で特に前歯部分が症状を悪化させます。また職人的な技術でバランスを実現し無くてはならないためほとんどの歯科医師には無理なツールです。大抵症状が悪化してその歯科医には通わなくなります。そんなときにこのような歯科医は「通わないから治らないんですよ!」と言うそうです。でもこんな歯科医には通ってはいけません。(このような歯科医は顧客に逃げられることをよく知っているので初回でほとんどの金額を回収できるように知恵を働かせた料金体系を作っていることが多いようです。)

 また問題なのは健康なを削って被せモノをするということは決して自分ののようにいい状態にはならないことです。そして時間の経過と共にまた狂い始める可能性があります。ですから、できるだけ自然のを生かしたほうが良いことは誰でも賛同いただけることでしょう。
 また、そういった職人芸に期待せず個人個人の骨格や筋肉のつき方、の生え方や大きさ、方向、かかっている負荷などを、圧力計やCTスキャン、MRIなどで捉えてコンピューターで映像化して分析すればいいのでしょうが、そのような機器は歯科業界ではまだ無いようです。
 分析機器として導入されているのは、首の骨まで撮影できるレントゲン(普通は、そっていますが低位咬合であれば骨がまっすぐに並びます)やモアレ写真(人体のゆがみを等高線を投影して視覚化するもの)くらいです。これだけでは、噛み合わせの狂いをつかみきれないので、筋肉や骨格の状態を手で触り確認し、本人の感覚を十分問診によりつかんで調整をしていかなくてはなりません。

(顎関節症 続く)




肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!