サプリメントの注意事項、肩こり腰痛セルライト・ストレス

サプリメント肩こり顎関節症セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ビタミン・サプリメント)前ページへ (サプリメント・ビタミン)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ サプリメント


====================================================================================================================================================================================================================

必読! サプリメントを摂る前のご注意(注意事項)


 サプリメントを利用するときは、一度お読みください。気がつく雑多な注意事項をまとめています。また下記以外にも多くの注意事項がありますのでサプリメントは、必ずラベル情報をよく読んでお使いください。

全般について

・サプリメントを食事の代わりに使わないでください。サプリメントで全ての栄養を補うことはできません。栄養療法とは、ポイントとなる栄養を重点的に摂取する方法です。十分な食事は、栄養療法の前提です。
・ 妊娠中や授乳期の女性がサプリメントを摂るときは、必ずあらかじめ医師に相談してください。
・心拍に異常のある人がサプリメントを使うときは、必ず医師の指導を受けてください。
・抗生物質を使っている人がサプリメントを利用するときは、抗生物質を飲んだ2時間以上あとでサプリメントを摂るようにしてください。

ビタミンについて
・妊娠中にビタミンAを多量に摂ると、異常出産になる場合があります。妊娠中はビタミンAのサプリメントを摂ってはいけません。妊娠可能な年齢の女性がビタミンAのサプリメントを使うときは、必ず前もって医師に相談してください。
・ビタミンAを1日15,000IU以上摂ると、毒性が現れることがあります。
・ビタミンB群のうち、どれか1つだけを長い間摂り続けると、体内で他のビタミンBが激減してしまいます。
・ビタミンB1を摂りすぎると、B6はじめ他のビタミンBが欠乏します。
・ナイアシン(ビタミンB3)を100ミリグラム以上摂るときは、医師の指導を受けてください。肝臓病の人が1日20ミリグラム以上のナイアシンを摂るときは、必ず医師に相談してください。
・重い糖尿病、肝機能障害、消化性潰瘍、痛風、緑内障の人はビタミンB3(ナイアシン)のサプリメントを慎重に使ってください。
・犬やネコにはビタミンB3(ナイアシン)を与えないでください。また、ビタミンAやDも獣医の指示がない場合は与えないでください。
・ニコチン酸(ビタミンB3の一種)を摂ると、皮膚赤くなることがあります。100ミリグラム以上のニコチン酸を摂るときは、医師の指導を受けてください。
・妊娠中の女性が毎日ビタミンB6を摂るときは、前もって医師に相談してください。
・ニコチン酸アミド(ビタミンB3の一種)を1日100ミリグラム以上摂るときは、医師の指導を受けてください。肝臓病の人はニコチン酸アミドを摂ってはいけません。
・ビタミンB6を100ミリグラム以上摂るときは、医師の指導を受けてください。
・糖尿病の人がビタミンB6を摂るときは、必ず医師に相談してください。B6 はインシュリンの必要量を減らすので、インシュリンの量を調整しないと低血糖状態になる恐れがあるからです。ほかにインシュリンの必要量を減らすものにはビタミンC、アルファリポ酸、クロム、葉酸などがあります。
・パーキンソン病でL-ドパ(レボドパ)療法を受けている人は、ビタミンB6を摂らないでください。
・コリンを長期間にわたって多量に摂り続けると、ビタミンB6が欠乏することがあります。
・躁うつ病の症状のある人は、うつ状態のときにコリンを使わないでください。症状が悪化することがあります。
・抗けいれん薬のフェノトインを使っている人は、葉酸のサプリメントを使わないでください。
・PABA(パラアミノ安息香酸)を摂り過ぎると、肝臓や心臓、腎臓に悪影響を及ぼす場合があります。
・糖尿病や心臓病の人はビタミンCのサプリメントを摂る前に必ず医師に相談してください。
・ビタミンCを一度におよそ1000ミリグラム以上摂ると、下痢を起こすことがあります。(これを耐性値といい人によりその限界は異なります。)
・三環系抗うつ薬を使っている人がビタミンCを摂るときは、必ず医師に相談してください。ビタミンCはこの種の薬の吸収を邪魔します。
・ビタミンCを大量に摂ると、B12と葉酸が尿に溶けて体から排泄されてしまいます。B12と葉酸を補うようにしましょう。
・ビタミンDを摂りすぎると、高血圧、腎不全、昏睡などの症状が現れる場合があります。また、体内にビタミンDがたまりすぎると、高カルシウム血症の原因になります。1日600IU以上のビタミンDを摂るときは、医師の指導を受けてください。
・心臓に障害がある人がビタミンDのサプリメントを摂るときは、摂取量について医師の指示を受けてください。
・抗凝結薬を使っている人は、ビタミンEのサプリメントを摂ってはいけません。(ビタミンEは、血液の流動性を高め凝固を妨げます。)
・過去に出血障害や脳卒中にかかったことがある人は、ビタミンEのサプリメントを摂る前に医師に相談してください。
・ビタミンEのクリームやオイルに配合されているビタミンEのエステルは、人によってはアレルギー反応を起こす場合があります。
・糖尿病、高血圧、甲状腺機能亢進症、リウマチ性心臓病の人がビタミンEのサプリメントを摂るときは、必ず使い方を医師に相談してください。
・ビタミンKを大量に摂ると、貧血になる場合があります。
・ アルファリポ酸を100mg/日以上取るときはビオチンと競合することがあるので300mcg程度のビオチンも取りましょう。
・ 抗生物質をとる場合は、腸内細菌が死ぬためアシドフィルス菌とビオチン(ビオチンは腸内細菌が生産します)をとりましょう。
ミネラルについて
・心臓や腎臓、肝臓に問題のある人、糖尿病の人、利尿剤を使っている人はカルシウムのサプリメントを使う前に医師に相談してください。影響を与えるからです。
・女性がカルシウムのサプリメントを摂ると、胆石の一種を起こす場合があります。前もって医師に相談してください。
・抗生物質のテトラサイクリンを使っている人は、カルシウムのサプリメントを摂らないでください。薬の効果を阻害するからです。
・心臓や腎臓に病気のある人はマグネシウムのサプリメントを使う前に医師に相談してください。影響を与えるからです。
・腎臓病と糖尿病の人はカリウムのサプリメントを使う前に医師に相談してください。
・非ステロイド性抗炎症薬やカリウム保持性利尿薬、ACE阻害薬、ヘパリンなど心臓病の薬を使っている人はカリウムのサプリメントを摂る前に医師に相談してください。
・鎌状赤血球貧血、鉄代謝異常、サラセミアの人は鉄のサプリメントを摂らないでください。
・硫酸第一鉄が原料の鉄サプリメントを摂ると、ビタミンEが失われます。
・1日18ミリグラム以上の鉄を摂るときは、医師の指導を受けてください。1日25ミリグラム以上の鉄を長期間摂り続けると、副作用が現れることがあります。
・亜鉛を摂りすぎると、鉄と銅が失われます。15ミリグラム以上の亜鉛を摂るときは医師の指導を受けてください。
・マンガンを摂りすぎると、運動困難と衰弱を招く場合があります。
・糖尿病の人がクロムのサプリメントを使うときは、前もって医師に相談してください。インスリンの用量を調節する必要があるためです。
・クロムとビタミンCを同時に摂ってはいけません。ビタミンCはクロムの吸収を阻害するからです。30分以上の間を空けてください。
・セレンを1日100マイクログラム以上摂るときは、前もって医師に相談してください。またセレノメチオニンの形態以外のセレンとビタミンCは30分以上の時間を空けてとってください。吸収を阻害するからです。
・ コバルトを摂りすぎると、甲状腺肥大が起こることがあります。


その他について
・チロシンとフェニルアラニンは血圧を上げるため、モノアミンオキシダーゼ阻害物質やその他の抗うつ薬と併用しないでください。また、色素沈着の悪性黒色腫の人は使ってはいけません。
・痛風の人は核酸(RNA、DNA)のサプリメントを使わないでください。血清中の尿酸量を増加させます。
・甲状腺の病気で薬を使っている人がケルプのサプリメントを使うときは、医師に相談してください。投薬量が変わる場合があります。
・ ハーブのセントジョーンズワートは、ある種の狭心薬、抗不整脈薬、免疫抑制薬、気管支拡張薬、経口避妊薬、血液凝固阻止薬などの分解を速めてしまうため、薬効を減少させてしまう可能性があることが報告されています。
・ グレープフルーツは、薬の血中濃度を上げると言われています。代表的な薬物は、Ca拮抗薬、免疫抑制薬、高コレステロール薬、抗アレルギー薬等です。
・ ハーブのスピルリナやクロレラは、ビタミンKを多量に含むため血液凝固剤(ワーファリン)の作用を阻害することがあります。
・ サプリメントのベタイン塩酸と頭痛薬のアスピリンを一緒にとらないでください。ベタイン塩酸は多くの米国製総合ビタミン・ミネラルサプリメントに配合されています。



肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!