ハーブ サプリメントとストレス

ハーブのサプリメント肩こり顎関節症セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ビタミン・サプリメント)前ページへ (サプリメント・ビタミン)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ ハーブサプリメント


====================================================================================================================================================================================================================

ハーブ(か行)


ハーブ(か行)

カイエンヌペッパー(Capsicum frutescens)
 実は血行を良くし、食欲を増進し、消化不良を解消します。発汗作用、抗菌作用ももっています。風邪やのどの病気に効き、帯状疱疹や偏頭痛の痛みを和らげます。妊娠中と授乳中には使わないでください。

カシュウ(フォーティまたはツルドクダミ)(Polygonum multiforum) 
 根に一種の強壮作用があり、若いうちに起こる更年期障害に用いられます。実は美味しいカシュウナッツで、ビタミンCを豊富に含み、エネルギーと性機能を強化します。日本では医薬品扱いです。

カスカラ(Rhamnus pershiana)
 樹皮は天然の下剤として働き、便秘を解消してくれます。とりわけ急性の便秘に良く効きます。胆石や肝臓病の治療にも用いられています。摂りすぎると腹痛や下痢を起こすことがあるので注意が必要です。日本では医薬品扱いです。

カチューバ(Erythroxylum catuaba)
 アマゾンのハーブです。ノコギリヤシと同じく、前立腺の働きを高める作用があるので、中高年の男性に愛用されています。

カバカバ(Piper methysticum)
 ミクロネシアなど、太平洋諸島で使われてきたハーブで、根の部分を使います。リラックス効果があり、疲労と不安を取り除き、深く快適な眠りをもたらしてくれます。目が覚めたときはスッキリとリフレッシュしています。利尿作用もあり、泌尿器官の感染症を防ぎます。多用すると肝臓を傷める可能性があります。日本では医薬品扱いです。

カボチャ(Cucurbita pepo) 
 種子は前立腺の病気を癒し、寄生虫を取り除き、炎症を起こした体の部分を修復します。利尿作用、鎮痛作用も備え、食物繊維を含むので便秘にも効きます。種のオイル(パンプキンシードオイル)は、体を活性化させるため精力剤としてもつかわれますが、亜鉛や不飽和脂肪酸を含んでいて体に良い上にノコギリヤシと同様に前立腺にも良いので中年期以降の男性に人気があります。

カモミール(Matricaria cbamomilla)
 花にはリラックス効果があり、ストレス不眠症消化不良の治療に使われてきました。抗炎症剤、神経強壮剤としての働きも見過ごせません。カモミールティーカモミールのアロマオイルは気分を落ち着けるので人気があります。また、カモミールを混合したクリームは肌にやさしいクリームとして、スキンケアに最適です。入浴剤として使うと痔に効きます。

ガラナ(Paullinia cupana)
 アマゾン流域に自生する植物。種子に含まれるガラニンはカフェインに似た成分で、軽い覚醒と興奮作用があり、ストレスを緩和しスタミナをつけてくれます。運動後、筋肉にたまった乳酸を取り除いて疲労を回復し、筋肉のけいれんを防ぐ働きや、集中力を高める働きがあり、スポーツサプリメントとしてサッカーのブラジル代表選手にも愛用されています。

ガルシニア・カンボジア (Garcinia cambogia)
ダイエット・ハーブです。ヒドロキシクエン酸(HCA)という成分を含み、食欲を抑えて、肝臓や筋肉がグリコーゲンを燃焼する力を強くし、脂肪の生成量を減らします。ダイエット用のドリンクなどにも配合されています。


************************************************************************
ギムネマ・シルベスタ(Gymnema sylvestre)
 つる状の多年草で、葉はインドのハーブ療法では2500年前から糖尿病の薬として使われています。このハーブを摂ると、甘いものを食べたくなくなるため、ダイエット中に重宝します。実際に、ブドウ糖の腸内での吸収を妨げることがわかっています。

キャッツクロウ(Uncaria tomentosa)
 樹皮に抗炎症、抗酸化作用と免疫強化作用があり、ガンを含むさまざまな病気に対する抵抗力を強めるといわれます。また関節炎の痛みや腫れにも有効です。

キャットニップ(チクマハッカ)(Nepeta cataria)
 葉に穏やかな鎮静作用があり、ストレスを和らげ、腹痛にも効きます。発汗作用で体を温めて熱を下げます。食欲を刺激し、消化を助けて下痢を止めます。



クランベリー(Vaccinium macrocarpon)
 実から取る果汁は、尿道の細菌感染を防ぎ、尿道炎や膀胱炎に効きます。ビタミンCが豊富に含まれているため、美白にも効果的な上、パソコンなどによる目の疲れを癒す作用もあり、働く女性にも人気です。

くるみ(ブラックウォールナット)(Juglans nigra)
 葉には抗真菌・抗菌作用があり、皮膚病や目の感染症、食欲不振に用いられます。外用すると湿疹や切り傷に効きます。実と外皮には有機酸とミネラルが豊富です。実から抽出されるオイルには必須脂肪酸が含まれ、月経不順や乾いたタイプの湿疹に用いられます。

グレープ(Vitis vinifera)
 種子(グレープシード)は抗酸化物質のプロアントシアニジンを豊富に含みます。コラーゲンを保護し、心臓病を予防します。プロアントシアニジンについては11.ファイトケミカルの項目を参照してください。

クロレラ(Chlorella pyrenoidosa)
 藻の一種で、ビタミンB、C、E、主要なミネラル、核酸、葉緑素などを含んでいます。疲れを取り、若さを維持し、体内の有毒物質を解毒します。血液をきれいにし、免疫力を高め、ガンや心臓病を防ぎます。ダイエット時の栄養補給にも便利です。



ケルプ(Macrocystis pyrifera)
 コンブ科の褐色の海藻です。ビタミンとミネラルを他のどんな食物より豊富に含んでいます。ヨードを多く含んでいるため甲状腺の働きを正常にします。肥満、消化不良、便秘にも効果があり、健康を維持しつつダイエットしたい人に喜ばれています。体温が低く代謝が不活発な方に向いています。

ゲンチアナ(Gentiana lutea)
 根には強い苦みがあり、胃もたれ、胃痛、食欲不振、消化不良に効きます。肝炎や胆のう炎にも使われます。熱があるときは、胃の状態を損なわずに熱を下げてくれます。甘いものへの食欲を抑えるので、ダイエットを助けてくれます。



胡椒(Piper nigrum)
 実は抗菌作用と防腐作用に富んでいるほか、成分のピペリンに血流を良くし、エネルギーの代謝を促進し、食品やサプリメントの吸収率を高める作用があります。また、ピペリンの刺激で副腎からカテコールアミンというホルモンが分泌され、体全体の細胞の活動を活発にします。脂肪の燃焼が進むので、ダイエット効果も上がります。香り成分であるモノテルペンは頭をスッキリさせ、集中力を高めます。ピペリンについては14.その他の項目を参照してください。

ゴツコラ(センテラ)(Centella asiatica)
 実、根、種子を使います。疲れを取り、うつ症状を改善します。心臓病、腎臓結石、食欲不振に効果があり、性欲を増進する働きももっています。

小麦(Triticum sativum)
 実の外皮である小麦ブラン(小麦フスマ)は食物繊維、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、銅などを、胚芽は食物繊維、ビタミンE、ミネラルを豊富に含みます。胚芽から抽出した油はビタミンBやEの宝庫です。

グッグル(ガガル、インドマカル)(Commiphora mukul)

 血中コレステロールと中性脂肪を下げて、心臓病や脂肪肝を予防します。また白血球を増やすため、免疫機能が高まります。そのほか、体全体を活気づける働きがあります。

ゴールデンシール(Hydrastis canadensis)
 使うのは地下茎と根です。免疫システムを強めるので、風邪やインフルエンザ、その他の感染症の症状を軽くします。抗炎症作用で粘膜を癒し、ハーブティーを外用薬として塗ると皮膚炎や水虫にも効きます。肝臓の働きを強化し、子宮からの出血を減らします。妊娠中と授乳期には使わないでください。日本では医薬品扱いです。

コンフリー(ヒレハリソウ)(Symphytum officinale)
 葉の抽出成分を配合したクリームや軟膏は、傷や皮膚のただれを治してくれます。床ずれ、虫さされ、乾燥肌、痔などにも利用されています。ガンを誘発する物質が含まれているので、服用はおすすめできません。


肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!