ハーブサプリメント 肩こり腰痛セルライト・ストレス

ハーブのサプリメント肩こり顎関節症セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ビタミン・サプリメント)前ページへ (サプリメント・ビタミン)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ ハーブのサプリメント


====================================================================================================================================================================================================================

ハーブ(あ行)

ハーブ(あ行)

アイブライト(Euphrasia rostkoviana)
 地上部に殺菌と抗炎症作用があり、名前の通り、目によく効きます。洗浄剤として使うと、疲れ目、充血、風邪やアレルギーから来る目のかゆみを和らげてくれます。抽出液をカプセルにしたものを服用すると、視力と目の健康を維持することができます。

秋ウコン(ターメリック)(Curcuma longa)
 カレー粉の材料であるこのハーブは、インドでは3000年前から親しまれてきました。根は肝機能を高め、胆汁の分泌を促して脂肪の分解を促進し、血行を良くします。また血液が固まって血栓を作るのを防いだり、炎症を抑える働きもあります。

アストラガルス(オウギ)(Astragalus membranaceus)
 根は、東洋医学で古くから利用されています。疲労を取り、免疫機能を高めて細菌やウィルスに対する体の抵抗力を強めます。体内から余分な水分を排泄して心臓への負担を軽くし、血圧を下げます。

アップル(リンゴ)(Malus sylvestris)
 ローマ時代から熟した果実は緩下剤として、未熟な果実は下痢止めとして利用されてきました。利尿作用もあり、ビタミンとミネラルの補給にも欠かせません。成分の1つであるペクチンのコレステロールを下げる働きが、最近、注目を集めています。

アーティチョーク(Cynara scolymus)
 利用されるのは地上部で、このハーブからコレステロールを分解するシナーラという薬品が作られます。アーティチョークの有効成分のシナリンが、肝臓の働きを強くし、肝臓から分泌される胆汁の量を増やし、尿が出やすくします。

亜麻(Linum usiatissimum)
 熟した種子を亜麻仁といい、痛みと咳を取り、便秘を解消するなどの働きがあります。常温圧搾で採る油には体内でEPAとDHAに換わるアルファ・リノレン酸がたっぷり含まれています。

アメリカ人参(Panax quinquefolium)
 東洋医学では根の部分を慢性的な病気で消耗した体力を補うのに使います。ストレスに対する耐性を高める作用、コレステロールを下げる働き、肺の弱りから来る咳をしずめる作用などが知られています。軽い興奮作用をもっています。

アルファルファ(Medicago sativa)
 葉はカルシウム、マグネシウム、カリウム、ベータカロチンなどを豊富に含みます。食欲を増進し、便秘を解消し、尿道炎、関節炎、膀胱炎などに効果を見せます。安心して使える利尿剤でもあります。

アロエベラ(Aloe vera)
 アロエの仲間は200種もありますが、アロエ・ベラ(ラテン語で「真のアロエ」という意味)は最もすぐれた薬効をもっています。葉に含まれるゲル状の粘液は保湿成分としてスキンケアに利用されるほか、傷を治すのに速効性があるため、軽い火傷、虫さされ、うるしかぶれなどに使われます。同じく葉の部分から採る苦みのあるジュースは胃潰瘍、便秘など消化器系の症状に効きます。


***********************************************************************************
イエロードック(Rumex crispus)
 根に胆汁の分泌を促す作用があり、毒素を取り除いて肝機能を強めます。また利尿剤、緩下剤の働きもします。皮膚病の1つである乾癬の治療に使われます。

イチョウ(Ginkgo biloba) 
 葉にはケルセチンやミリセチンなどのバイオフラボノイドが含まれ、非常に強い抗酸化力を備えています。脳内化学物質であるドーパミンの量を増やし、情報伝達能力を高めます。血液の微小循環も良くするので、脳を活性化して記憶力を高め、痴呆の進行を遅らせるほか、血行不良によるインポテンツや冷え性、筋肉の痛みにも効きます。また、老化を防ぎ、血圧を下げ、血液を固まりにくくします。抗うつ剤との併用は避けてください。



ウワウルシ(クマコケモモ)(Arctostaphylos uva-ursi) 
 葉と幹に利尿と抗菌の作用があり、膀胱や腎臓の感染症に有効です。膀胱炎や腎炎の痛みを和らげ、むくみを取ります。根は赤痢の治療に使われてきました。何度も繰り返して大量に用いると、かえって毒になることがあります。



エキナセア(パープルコーンフラワー)(Echinacea purpurea)
 欧米で人気のハーブ。免疫力を高め、細菌やウィルスの攻撃から体を守ります。風邪やインフルエンザの悪化を防ぎ、カンジタ菌による皮膚炎、乾癬、湿疹の治療にも用いられます。動物実験では、ガンの拡大を抑えたり、化学療法で弱った体の免疫機能を回復させることがわかっています。地上部と根の両方が使われます。

エルダー(Sambucus nigra)
 「万能の薬箱」と呼ばれるほど、薬効に富んでいます。実はビタミンA、ビタミンCを豊富に含みます。花には発汗作用があり、風邪の症状を和らげます。痰を取り、のどを楽にするので咽喉炎の治療にも使われます。外用すると肌荒れやしもやけに効果的です。葉は打ち身やねんざの外用薬に、樹皮は肝臓の機能強化と利尿のほか、てんかんにも用いられます。根はリンパ腺や腎臓の病気の治療に有効です。樹皮には強い下剤の働きもありますので、妊娠中は使わないでください。



オーツ麦(Avena sativa)
 麦わらは神経強壮、抗うつ、更年期のエストロゲン不足などに、実は心臓、神経、胸腺の強壮に用います。オートブラン(オーツ麦のふすま)はオーツ麦を挽いた後に残る皮の部分で、食物繊維が豊富に含まれ、コレステロール値を下げます。外用では、麦わらが座浴や足湯などに便利です。

大麦(Hordeum vulgare)
 若葉はクロロフィル、タンパク質、ビタミン、ミネラルのほか、強力な抗酸化物であるSODなどの酵素、バイオフラボノイドを豊富に含んでいます。体内に取り込まれた農薬や発ガン物質を分解し、血糖値を下げ、若さと健康、美肌を維持するのに役立ちます。すい臓炎にも効果があります。

オリーブ(Olea europaea var.europea)
 葉も解熱などに利用できますが、主に使われるのは実です。実から取れるオリーブオイルは体に良い不飽和脂肪酸をたっぷり含み、心臓病を防ぎます。腸を収縮させて便秘を解消する作用もあります。外用すると皮膚炎の症状を和らげ、乾燥した髪や頭皮を潤します。
オリーブの葉は、成分のエレウロペインという配糖体がウイルスに対する抵抗力を高めることで有名になりました。

オレガノ(Origanum vulgare)
 葉には胡椒のような香りがあり、料理に用いられるほか、強壮作用と殺菌作用に富み、咳、筋肉のけいれん、神経性の頭痛、生理痛をしずめます。オレガノオイルには強い殺菌作用があり、乾癬や湿疹に使われます。またオレガノオイルにもは炎症と痛みを和らげ体を活性化する働きがあるため、生理痛や風邪のときに内服したり、ねんざ、軽い火傷のとき患部にすり込んだりします。


肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!