ビタミンEの所要量、多く含む食品、抗酸化力  肩こり、腰痛、セルライト、ストレスとの関係

ビタミンEのサプリメントは脂溶性だが排出は早い。肩こり顎関節症の回復に重要、セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ビタミン・サプリメント)前ページへ (サプリメント・ビタミン)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ ビタミンEの所要量、多く含む食品、抗酸化力 肩こり腰痛セルライト ストレスとの関係


====================================================================================================================================================================================================================

ビタミンE(トコフェロール)

ビタミンE ビタミンEは、脂溶性ビタミンで、熱や酸に比較的強いビタミンです。通称「若返りのビタミン」。生殖・出産に関係の深いビタミンでもあります。
 「トコフェロール」とは、ギリシャ語で「子どもを授かる物質」という意味です。ネズミを使った動物実験で、ビタミンEが不足すると不妊症になることがわかり、この名前が付けられたのです。

〔1日の所要量(RDA)〕
成人は、30IU

〔作用〕
 ビタミンEは、パワフルな抗酸化物質です。自身が酸化することでビタミンAセレンビタミンCL-システインの酸化を防いたり再生したりする抗酸化ネットワークの要のひとつです。ビタミンEが不足すると過酸化脂質が増え、動脈硬化から起こる脳や心臓の病気、ガン、シミやしわの原因になります。また、微量で働くホルモン様物質である良性のエイコサノイド(例えば良性のプロスタグランジンなど)の生成を促しアレルギー抑制効果があります。
 ビタミンEには血管を収縮させようとする神経伝達物質を抑制し、血管を拡張する働きがあります。利尿作用もあります。また血圧を降下させます。
 インポテンツに悩んでいる男性の場合、ビタミンEはその血行改善効果で勃起がうまく行われるように応援してくれる上、精子活性酸素から守るので、不妊症にも役立ちます。女性の場合は卵巣動脈の血行が良くなり、更年期や閉経後のつらい症状やPMS(月経前症候群)を改善してくれます。冷え性や肩こりで悩んでいる人も、ビタミンEを摂ってみましょう。血行が良くなって体が温まり、肩こりもずっと楽になるはずです。
 そのほか、酸素の供給能力を高めたり、疲労回復を促す、呼吸器の症状を和らげ、免疫力を高めて感染症にかかりにくくし、糖尿病の合併症を予防します。不足すると、筋肉の衰え、神経障害、生殖機能の障害を起こします。
 また近年、脳の栄養として重視されています。

〔危険性〕
 他の脂溶性のビタミンと違って早く排出されるため、摂りすぎによって問題が起こることはまずありません。それでも4000から30000IUもの量を摂ると、吐き気や下痢を招きます。

〔豊富に含む食品〕
 植物油、未精製の穀類、バター、卵、ほうれんそう、小麦胚芽、ナッツ類。

〔ポイント〕
 水溶性ビタミンE油を抜いたドライビタミンE脂溶性ビタミンEの3種類のサプリメントがあります。油を摂りたくない人や、脂肪の吸収力が落ちる高齢者には水溶性ビタミンEをおすすめします。
 ダイエットで油ものを一切摂らないようにしている人は、ビタミンEが欠乏しがちです。大気汚染、ストレス、喫煙、飲酒、不規則な生活は活性酸素を増やすため、ビタミンEが多く消費されて、結果としてビタミンE不足になってしまいます。
 ビタミンCや脂肪と一緒に摂ると、ビタミンEの吸収がアップします。ビタミンEは脂溶性で油とともに摂ることで吸収力がアップしますし、ビタミンCCoQ10などの抗酸化物は、互いに抗酸化ネットワークを形成していて酸化した相手の抗酸化物を再生するからです。
 ビタミンE鉄分を摂るときは、少なくとも8時間以上の間隔をあけるようにしましょう。ビタミンEが鉄によって破壊されるからです。
 合成のビタミンEと天然のものとを比較すると、天然のものは2倍も効き目が強力といわれています。容器の表示にd-αトコフェロールとあれば天然、dl-αトコフェロールと書かれていれば合成です。
 また天然のビタミンEの成分として従来は、d-アルファトコフェロールが最も効果が高いと考えられてきましたが、近他のベータ、ガンマ、デルタの各トコフェロールの効果が見直されています。特にガンマ(γ)トコフェロールは肺がんの予防や血圧の降圧効果が高いと考えられています。またビタミンEには、トコフェロール以外のアルファー、ベータ、ガンマ、デルタの4種類のトコトリエノールというグループがありこれらは脳梗塞の予防に大きな効果があることがわかり始めています。どうやら各成分にそれぞれ独自の働きがあるようです。これらが入っている製品は、まだ余り多くはありませんができるだけ多くの成分が入ったものがお勧めできます。

 血栓症予防薬を使っている人はビタミンEのサプリメントを使ってはいけません。効果が強くなるからです。またビタミンKの吸収を妨げるのでいっしょにとらないようにしてください。


肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!