アレルギーとストレス、肩こり、腰痛・サプリメント

肩こり顎関節症セルライトマッサージ、浄水器の水 、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト サプリメントの知識

肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(ストレス・肩こり・サプリメント)前ページへ (肩こり・ストレス・腰痛・サプリメント)次ページへ


スペース:腰痛ストレス 高血圧 磁気治療器  ビタミンサプリメントミネラルサプリメントアミノ酸サプリメントハーブサプリメントも期待できます。マイナスイオン発生器 シックハウス対策 電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。 ビタミンCサプリメントはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザーの修理 サプリメント

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・サプリメント)知識トップ画面へ アレルギーとストレス、肩こり、腰痛・サプリメント


====================================================================================================================================================================================================================

アレルギー(食品アレルギー、食品化敏捷症、花粉症、アトピー、喘息)

 アレルギーほど現代病の代表はないように思えます。花粉症や喘息、アトピーもアレルギーの一形態です。全てのアレルギー症状の始まりは、食品アレルギーであると考えられています。サプリメントの項目の中の2-5-33で詳しく説明してますように未消化のタンパク質がフリーラジカルとして振舞う結果、小腸の粘膜に穴をあけます。未消化物は、その穴を通過して体内に侵入し、抗体と反応して体中に広まって、もっとも弱い部分にアレルギー症状となって現れてきます。年齢とともに変化する症状はアレルギーマーチとも呼ばれます。成人してから症状が出にくくなっても疲れやすい、下痢をするなど別の症状となっているだけで本格的な治療をしなければ決して治っているわけではありません。高単位の栄養の摂取とアレルギーの原因となるアレルゲンの除去、ストレスの除去、十分な休息が必要です。
 もともとアレルギーは消化システムの問題から出てきますが、体内の栄養状態をよくすることで個々の症状のひどい状態を避けることや回復することが可能です。また胃や小腸の消化システムを助けてあげることでも改善効果がみれれるといいます。
 アレルギーをひどいものにしている食品のひとつに、オメガ6系のリノール酸を多量に含むサフラワー油、コーン油、菜種油、ごま油などの油があります。これらリノール酸を、過剰にとっているため、炎症などを起こす悪性のエイコサノイド(ホルモン様物質)が体内で増えてアレルギー症を悪化する大きな原因となっているといわれています。逆にアレルギーを抑えるオメガ3系のアルファリノレン酸は現代の食生活では非常に不足しています。
 これを防ぐためにサフラワー油、コーン油、菜種油、ごま油などの代わりにリノール酸を含まないオリーブオイルを使うことを多くの栄養療法医は薦めます。またオメガ3系のアルファリノレン酸を多く含んで良性のエイコサノイド(ホルモン様物質)を多くもたらすフラックスシードオイル(亜麻仁油)や魚から取れるEPAやDHAを摂ることが勧められます。フラックスシードオイル(亜麻仁油)・EPA・DHAは酸化しやすいためビタミンEやセレンとともに摂ることが必要です。というのも酸化した不飽和脂肪酸は、体に入り細胞膜を連鎖的に酸化させ体を弱らせるからです。
 フラックスシードオイル(亜麻仁油)は、海洋汚染がないので人気が高まっていますが、EPAへの体内での変換は遅くて効果が出ない場合もあります。その場合はEPA/DHAを直接摂ったほうが良いでしょう。
不飽和脂肪酸 - 一価不飽和脂肪酸(オメガ9)
(オリーブオイルのオレイン酸など)
- 悪玉LDLコレステロールと中性脂肪を減らす  
  - 多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸) - オメガ3(アルファリノレン酸)
フラックスシードオイル、EPA、DHA
(アレルギーを抑える
       - オメガ6(リノール酸)
サフラワー油、コーン油、菜種油、ご ま油など
(アレルギーを悪化させる
但し、オメガ6の中でもガンマリノレン酸(GLA)は、炎症を抑えるプロスタグランジンE2の原料になるため、抗アレルギー作用、抗炎症作用などをもちます。これを含むのはブラックカレントオイル、ボラージオイル、イブニングプリムローズオイル(月見草油)です。                          
尚、砂糖の摂取は、インシュリンを増やす結果、オメガ6から悪性のエイコサノイド(ホルモン様物質)を作り出して免疫の低下やアレルギーの悪化をおこしますから甘いものは控えるべきです。


・ビタミンA 
・ビタミンB群
・ビタミンB5(パントテン酸)
・ビタミンC(タイムリリース錠) 耐性値限界まで摂る。ビタミンCとビタミンB3は炎症を抑える良性のエイコサノイドを生産するために必要です。米国の栄養療法医ジョナサンライト博士は、アレルギーの人はビタミンCが1日に15,000〜25,000mgも必要になると主張しています。
・ビタミンE 
・カルシウム(キレート済み)
・マグネシウム(キレート済み)
・亜鉛(キレート済み)
・ベータカロチン
・総合アミノ酸
・セレン(キレート済み)
・パンクレアチン、ベタイン塩酸などの消化酵素や塩酸、アシドフィルス菌
・フラックスシードオイル(亜麻仁油)、EPA、DHA
・イブニングプリムローズオイル(月見草油)など(ステロイドを使っている場合は、月見草オイルの効果が得られません。)
・コエンザイムQ10 






肩こり頭痛腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザーの法律を理解しよう!