肩こり・腰痛・ストレス・セルライトに影響する生体の電磁的な構造と仕組み

電磁リフレクソロジーにより肩こり腰痛セルライト対策、ストレス・電磁波対策を緩和。 サイトマップ



肩こり・腰痛・ストレス・セルライトの電磁リフレクソロジーと磁気治療の知識



肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)知識トップ画面へ

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)前ページへ (肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)次ページへ


スペース:高濃度マイナスイオンは効果的。浄水器は自然の味がします。健康グッズディスポーザーを使いましょう。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。高血圧・首こりはいろいろな要因があり顎関節症・噛み合わせが関係することもあります。電磁マッサージと磁気水で解決。シックハウス対策は、ペットやお店に有効です。パルス磁気発生器で元気に。磁気治療器、解毒、リンパ・血行促進、代謝促進などの多くの効果が研究中です。、磁気治療器生理痛・生理前症候群(PMS)にはサプリメントビタミンミネラルアミノ酸ハーブも期待できます。ビタミンCはタイムリリースで。アルファリポ酸は脳に効く。コエンザイムQ10も抗酸化ネットワークの一つ。アトピーにビオチン。カルニチンは心臓に必須。バスソルト、デッドシーソル<やアロマキャンドルをリラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器磁気水のお風呂ラジウムは発汗。



フェイスブック

ツイッターをフォロー



*********************************************************************************************************************

肩こりや腰痛などの神経と筋肉の緊張を緩和する生体の電磁的な構造と仕組み

 肩こりや腰痛、ストレスを解除する刺鍼術やリフレクソロジーで重要な経絡、経穴、気の流れといった考えは、近年の生物物理学や電磁生物学、分子生物学などの発展により裏付けが取れたり有力な仮説が構築されてきています。そして、WHO(世界保健機関)も近年、針鍼術を安価な治療法として正式に認めているようになっています。
 「生物の全ての活動に細胞内のミトコンドリアでブドウ糖を燃やして生み出される電子エネルギー(ATP)が複雑に伝達され関与していて電磁エネルギーと変化が伴っていて,精密な電磁的な信号と生体の化学反応が密接につながって生体をコントロールしていること」がますます明白になっています。すなわち、肩こりや頭痛、腰痛などの際には、脳-神経系ばかりでなく体に張り巡らされた無数の極微弱な電磁的エネルギー網(分極・脱分極などを繰り返し)が、一つ一つの細胞の化学反応や血管・各臓器の働きとつながり、活性化させたり、抑制(リラックス)させたりしてストレスをコントロールし恒常性(ホメオスタシス)を維持しています。肩こりなどの生体のコントロールは、単一の系(システム)ではなく複数のコントロールシステムが何重にも補い合って進行する極めて複雑なものです。脳で全てをコントロールしているわけではなく、それぞれのシステムは部分的に独立して働いています。そのひとつが、針などで刺激した際に、局所でヒスタミンなどを出すマスト細胞(肥満細胞)や免疫反応を起こす白血球やピコ(1兆分の1)単位の化学物質などです。特に全体をコントロールするのに関わるのが微弱な電磁系の経絡系や脳-神経系です。生体の主要なコントロールシステム(系)は、経絡系(電磁系)、脳-神経系(自律神経を含む)、心臓-循環器系(リンパ系を含む)、内分泌系、免疫系です。

 肩こり・頭痛・ストレス・腰痛のネボトンシリーズは、全身の電磁レベルを正常化し、更に経絡系(電磁系)からアプローチして他のコントロール系(脳−神経系、心臓−循環器系、免疫系)や臓器まで制御(電気的な緊張の解除=リラックスストレスの除去)しようという考えがベースです。
 生体がそれ自体極めて弱い電流を発していることは良く知られています。脳波や心電図などは当たり前のように使われています。しかし人体を電磁情報の体系であると考える考え方は医学や生物学の常識としては、受け入れられていません。
 肩こりたとか腰痛だとかストレスなどあるいは高血圧など身体器官の生体プロセスに働きかけるには、理論的に生体プロセスで発生する健康時の電流の属性に近い、ごく弱い電流を適用することが必要です。まさにこの点に電磁リフレクソロジー(反射療法)の本質があります。電磁リフレクソロジ−は、微細な電磁信号による興奮や抑制、イオン伝導、及び、局所の細胞組織の刺激などの手段によって「肩こり・ストレス・腰痛など生体プロセスへ介入」することを可能にした方法です。

 これは最近の20年間、世界各国で多くの臨床医師および学術的協力者らが、鍼療法の近代化(電磁的反応と化学的反応の解明)を図ったことと生体の電磁的な働き(分極−脱分極があらゆるレベルで利用されている)が解明されてきたことの2点に基づいています。
 少し異なりますが、ロシアの科学者の文献には、生命体はヘルツ波すなわち電磁波により情報交換を行うと言う仮説が出てきます。これはまだ直接的な実験による証明はできていないようですが,多くの事実を説明するにはこの仮説を持ち出す必要があるというのが、正当性を説明する強い根拠となっています。その周波数は5×10(12)Hzという高周波になるようです。(磁化水、1990年)。このように動植物の電磁的活動は、まだ解明されていない高周波で非常に弱い電磁波によるコミュニケーションが行われて入るのではという記述が出てきます。


肩こり5腰痛5ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザー・自治体・法律を理解しよう!高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。