肩こり・腰痛・セルライト・ストレス、磁気、生体電気伝導の関係

高血圧やむくみに磁気、肩こり腰痛ストレス・電磁波対策 セルライト顎関節症 磁気治療器 浄水器の水、生ごみ処理機ディスポーザーを使いましょう。  サイトマップ



肩こり・腰痛・セルライト・ストレス 電磁リフレクソロジーと磁気治療の知識



肩こり 腰痛 セルライトの本格屋 肩こり 腰痛 セルライト ストレス 高血圧 顎関節症

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)前ページへ (肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)次ページへ


スペース:サプリメントを薦めますマイナスイオンは使えます。電磁リフレクソロジーやマッサージグッズで。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、肩こり・頭痛と腰痛の引き起こす。電磁マッサージと磁気水で解決。シックハウス対策は、ペットやお店に有効です。磁気治療器、肩こり、腰痛、ストレス、セルライト対策などの多くの効果が研究中です。生理痛・生理前症候群(PMS)に。ビタミンミネラルアミノ酸ハーブも期待できます。ビタミンCはタイムリリースで。リラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器酸素カプセル製品も取り扱い中です。ラジウムは発汗を促します。業務用ディスポーザー ディスポーザー修理

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)知識トップ画面へ

====================================================================================================================================================================================================================

肩こりや腰痛・セルライト・ストレス改善の磁気と生体の電気伝導(電磁リフレクソロジーなどの極弱い磁場が大きな生体反応を起こすもう一つの基礎)

 電磁リフレクソロジーなどの極めて弱い磁場(磁気)や電場が生体に大きな反応を起こす基礎として以下に説明する、生体内でおこっている電気伝導を挙げることができます。生体内の電気伝導に必要なエネルギーは極めて低く無生物に比べ30分の1から1000分の1くらいであると言います。生体は必要に応じて電気抵抗をコントロールして電子の通り道を作ります。電子伝導、イオン伝度、半導体のような正孔伝導を組み合わせ、更にそこに水の含水率や化学物質の有無、生体磁場(磁気)を組み合わせて電子の通り易さの程度を制御しています。また体内のアミノ酸は半導体と同じような圧電性熱電性(圧力や熱で電流が生じる性質)を持っています。
 生体の電気伝導度(電気の通りやすさ)は生命にとり非常に重要で、中枢神経内の情報伝達はさまざまな電気伝導の組み合わせ(電子伝導、イオン伝導、原子価結合の破断による正孔伝導の3種類)で成り立つと言います。不純物を含む水が結合した巨大分子のタンパク質や比較的小さいアミノ酸が絡み合って、更に分極による電磁場が影響してできる生体にだけ成立する電気伝導性です。そこでは電子の移動に必用なエネルギー(ポテンシャル)は、同じ物理的な基礎に基づくにも関わらず、無生物の場合よりもはるかに少ないエネルギーで可能になります。神経のみならず経絡などの人体の電磁系を説明する基礎とも考えられます。電気伝導度が大きいと言うことは抵抗が小さいということでもあります。
 経穴(ツボ)に電気抵抗が少ないというのはそれなりの物理的基礎が背景にあります。これが経穴に作用する肩こり腰痛のバイオコレクターなどのコントロールされた極弱い磁場が大きな生体反応を起こすもう一つの理由です。

 生体の電気伝導は以下で説明するタンパク質の電気伝導、アミノ酸の電気伝導、イオン伝導、電子伝導が絡み合った「生体だけに存在する特殊な伝導」であると言います。
 生体の電磁場の存在は分子磁石である素粒子に影響し電子を励起します。もしこれに外部からの電磁場(地磁気)が作用せず地磁気の磁力の助けを借りていないとすると、生体反応は現在より遅くなると考えられています。ですから生物は地磁気を利用して生体反応を行っているといえるわけです。
 これは近年の半導体電子理論により説明できるようになりました。ちょっと聞き慣れませんが、電荷の移動は金属を伝うような電子伝導、液体の電解質などのイオン伝導、原子価結合の破断による正孔伝導の3種類があり半導体は電子伝導と正孔伝導を共有しています。ロシアのミーズンとハスヌーリンによると人体では不純物をともなう半導体様の物質が存在し、しかも20-30eVと言う極めて少ないエネルギーで伝達が可能であるといいます。「炭素-酸」及び「水素-窒素通信系内」では励起された電子が量子力学のトンネル効果(粒子の波の性質により1ナノメートルになると顕著に現れるという)によりタンパク質分子の系全体に沿って移動するためタンパク質系の高い伝導度を保証するとされています。水の含有率や溶解している物質がこの伝導を左右します。
 アミノ酸はタンパク質よりも移動度が少ないのですが,圧電性と熱電性という重要な性質を持ちます。(この圧電性と熱電性は半導体を利用してネボトン製品の高血圧クリトン-Kで実用化されています。)
 これらのタンパク質の電気的性質が発現できるのは生体の中のみで取り出して実験しようとすると成立しなくなるものです。


肩こり頭痛<腰痛5 高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。サプリメントを活用しよう。 ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザー・自治体・法律を理解しよう!