肩こり・腰痛・セルライト・ストレス・電磁波対策には電磁リフレクソロジーによるマルチセルピー

肩こり腰痛は、電磁リフレクソロジーやマッサージで解決。セルライト対策やストレスも解決。  サイトマップ



電磁リフレクソロジーと磁気治療(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)の知識



肩こり 腰痛 セルライトの本格屋

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)知識トップ画面へ戻る

(肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)前ページへ (肩こり・腰痛・ストレス・セルライト)次ページへ


広告スペース:高濃度マイナスイオンは使えます。浄水器は自然の味がします。健康グッズディスポーザーを使いましょう。チタンチタンネックレスも健康に有効です。電磁波は、頭痛や不眠症。高血圧・首こりはいろいろな要因があり顎関節症・噛み合わせが関係することもあります。電磁マッサージと磁気水で解決。シックハウス対策は、ペットやお店に有効です。パルス磁気発生器で元気に。磁気治療器、解毒、リンパ・血行促進、代謝促進などの多くの効果が研究中です。磁気治療器生理前症候群(PMS)にはサプリメントビタミンミネラルアミノ酸ハーブも期待できます。ビタミンCはタイムリリースで。アルファリポ酸は脳に効く。コエンザイムQ10も抗酸化ネットワークの一つ。アトピーにビオチン。カルニチンは心臓に必須。バスソルト、デッドシーソル<やアロマキャンドルをリラクゼーショングッズとして使えば、精神的にもリラックスできます。本格屋ヤフー店では赤水防止、赤水対策、磁気活水器磁気水のお風呂ラジウムは発汗。

フェイスブック

ツイッターをフォロー


***+Q+***高濃度マイナスイオンをストレスが溜まり筋肉の硬直する顎関節症などに薦めます。ディスポーザーは都市生活に必須。肩こりと腰痛--深いところから発生したりマッサージしてもすぐ辛くなるならバイオコレクター。セルライトの除去は、根気が要ります。環境のために浄水器を使いましょう。ストレスを毎日緩和すること。***++***
*************************************************************************************************************************************************************

肩こり・腰痛・ストレス・セルライト対策の電磁リフレクソロジーを中心にしたマルチセラピーをお勧めします!!複数の方法を組み合わせてご利用ください!

 チタン合金と鉄セラミックでできた電磁リフレクソロジー製品は、栄養療法ハーブ療法などと組み合わせてのご利用がお勧めです。磁気水を通じサプリメントなどの効果を高めてくれるからです。肩こり、頭痛、腰痛、ストレス、セルライトなどにもモノセラピー(単一の方法)ではなくマルチセラピー(複合療法)が良い方法であることがロシアの例からわかっています。

マルチセラピーの根拠は人体の複数の制御系にある

 人体は複数の制御系(システム)と反応系(システム)で成り立っていて、一つのストレスや症状はそれらの複数の系(システム)のバランスを狂わせています。
 −経絡システム(電磁系)、神経システム(特に交感神経と副交感神経、それらを制御する脳の視床下部など)、ホルモンシステム、免疫システム、消化吸収システム等々−

 この中でも電磁リフレクソロジーの基礎である経絡システム(電磁系)、神経システムは全体を統合したり調整するために大変重要です。リラックスするとはこれらの統合を果たしている経絡系や脳-神経系のストレス(興奮)と緊張をとるということです。例えば肩こりなどでは、バイオコレクターを胸の中心辺りにペンダントとしてぶら下げ、アダプターで肩こりの患部をマッサージします。更に磁化水で肩こりの神経系に重要なビタミンBコンプレックスを飲みます。

 一つの系(システム)(例えば神経系)が狂えば、他の系(システム)(筋肉反射など)にも往々にして狂いを発生させ肩こりや頭痛、腰痛など各部が痛んできます。複雑に絡んだ要因の肩こりや頭痛などは、ひとつの方法ではなくマルチセラピー(複数の相乗効果を持つ方法のミックス)により関係している系(システム)を多方面から刺激して相乗効果を発揮させる方法が最善といわれる根拠です。

 ハーブ療法や電磁リフレクソロジーネボトンシリーズの特徴は、経絡や神経システムの身体の制御系(システム)に活性化せよとの外部信号(微電流)を生じさせて体を賦活(活性化)させるという共通の特徴があります。この点がいわゆるエネルギー治療といわれる磁気治療器とは異なる点です。磁気製品はある程度の強いエネルギーを与えて生理作用を発揮させ治療効果を得ますが、電磁リフレクソロジーのネボトンシリーズは身体に微電流を誘導して経絡や神経の興奮を沈め、肩こりや腰痛を起こした体を賦活させたりストレスをリラックスさせたりします。(これをポンデロモトリック効果と言います)。人体は極弱い電磁場を信号として使用していますが、人体が信号として受け取るには非常に弱くて一定の範囲に収まっていることが必要なのです。
 電磁リフレクソロジーのネボトンシリーズ(チタン製)の場合、その情報の入力回路を中国の伝統医療である経絡と経穴にとります。もしくは痛みのある場所自体や胸の真中あたり(ちょうどメダルをかける位置なのでロシアではメダル域と呼んでいます)にとります。

 一方、栄養療法、特にメガビタミン療法などは、代謝や免疫反応(システム)に必要な栄養素を特に大量に供給して活性化させるという方法です。それは体がバランスを崩したときや汚染物質や異物が体内にある場合に健康を回復するためには、通常言われている保険量よりもはるかに多くの栄養素を体が必要とするという事実に基づいて行われる方法です。
 これらの電磁リフレクソロジーや磁気とビタミンミネラルハーブなどの栄養療法は互いに連携して異なる側面から体を刺激しマルチセラピーとしての相乗効果をもたらします。

人体に共通する水

 これらの全てに共通するのが栄養を溶かしこむ溶媒であり体を構成するです。ここで言う水は純水なH2Oではなく、ミネラルや空気(酸素)などの不純物を含んだ現実の水のことです。これらのミネラルや空気を含んだ水は、電磁的な影響を受け活性化します。栄養を溶かしこんで吸収しやすくし、体内での運搬や排出を効果的に行う水は、ネボトンシリーズの電磁誘導子ドリンクコースターPIMによって作ることができます。(生理用磁気水)。この水を電磁リフレクソロジーハーブ・ビタミン療法、栄養療法と併用すると開いた毛細血管により肩こりや腰痛、セルライトの中にまで影響を与え内蔵へまで十分な影響を与えられるので効果的です。

慣れを無くすには・・

 尚、この中ではあまり説明していませんが、すべての療法に共通するのは「慣れ」の問題です。すなわち肩こりなどで毎日繰り返すと刺激があることを前提に体が反応するので効果が落ちてくるのです。こんなときに重要なのが、刺激を定期的に止めてリセットすることです。バイオコレクターは一週間に2日程度休み、一日では8時間内に使用時間を制限します。また栄養療法では、ファスティング(断食)は効果的な方法です。ビタミンやミネラルでも常時使用していると何ヶ月かたつと効果が落ちたように感じるときがやってきます。その場合は栄養の供給を中断して飢餓状態を作ることが必要になります。ファスティングには、これ以外にも様々なメリットがあります。これらは、効果を高く保つための方法です。

腰痛、肩こり、セルライト、ストレス



肩こり5腰痛5ディスポーザー・下水道hディスポーザー取り付け・取付h正規品ディスポーザーhディスポーザーの価格hばかりでなくディスポーザー基準hディスポーザー・自治体・法律を理解しよう!高血圧5h対策は薬を使わずつぼ治療が有効。顎関節症からの肩こり*****。ストレス5hマイナスイオン51マイナスイオン52に、マイナスイオン53マイナスイオン54肩こり・腰痛51肩こり・腰痛52肩こり・腰痛53の限界を感じる。h肩こり・腰痛・ストレス・セルライト・ディスポーザー5。サプリメントを活用しよう。